人気の投稿

2017年6月11日日曜日

専務の奥さんのパンティーに大量の精液を吐き出しました4/4(秘密の体験告白掲示板)


秘密の体験告白掲示板 

 

 

専務の奥さんのパンティーに大量の精液を吐き出しました4/4

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b24/index.cgi?mode=thr&no=18004

 

  「豆を食べて!」と言い、オマンコを顔に押し付け

日は変わりまして昨夜2月3日の事です。専務からの届け物がありましたのでお届けにあがり、専務からは「節分なので鬼役をやって欲しい」と依頼されました。行くと奥さんは豆撒きの準備にをしていてお届けものを受け取ると、私に鬼のお面を被せて「鬼は外! 福は内!」が始まり、鬼役の私に豆をぶつけるのでした。

痛いのでしゃがみこんでいると、奥さんは「鬼さんそこに寝なさい」と言い、ズボンを脱がされペニスをさらけ出すのでした。何の反応も無いと奥さんはお面を取り自分もスカートと下着を脱ぎ、下半身が裸になると「豆を食べて!」と言い、オマンコを顔に押し付けて来ました。私は下から割れ目を開いてクリトリスを舐めてから、舌を膣に入れると蜜が溢れ出て来て、奥さんはペニスを握り大きくするのでした。

すると対位を替えて騎乗位で挿入して、「これが欲しかったの!◯◯君、お豆さん食べてくれて有難うね。厄払いになったわ!」と言い、激しく腰を使って逝くのでした。私も溜まっていた事もあり奥さんの膣に大量の精液を吐き出してしまいました。
 

ペニスを抜くと白い精液が流れ出て、その量の多さに奥さんも驚いた様です。「浮気していなかったようね」と言うので、「仕事が忙しくオナニーもする時間がありませんでしたよ」と言うと、奥さんは「私以外のオマンコに入れないでね」と言うので、「それはありません、心配しないで下さい」と言うと、奥さんはニッコリして「私はあなた以外はいないから」と言われちゃいました。

私は奥さんの奴隷になるのかと思いましたが、逆に上手く利用させてもらおうと思いました。専務も奥さんの言うことは一応信用しているみたいなので、活用させてもらう事にしました。


その後は奥さんが節分の料理を用意してくれたので、鬼のお面をを被り、料理の前で写真を撮り専務にLINEで送ると、専務からすぐに返事があり、「豆撒き付き合ってくれて有難う」とありました。その後は奥さんの手料理をご馳走になり、オマンコに2回射精させてもらい帰宅しました。今日明日はプラベートな事で忙しいという理由で奥さんとのお付き合いはお断りしています。

でも、何か呼び出しされそうな予感がします。一応、先ほどまで溜まった洗濯と掃除と室内の整理整頓をしていました。長文になりましたが報告させてもらいました。奥さんからLINEが来ているみたいです。(笑)

 

  バックと正常位でしました

36  新入社員 - 2017/02/09(Thu) 13:11 No.20143 

5日はお呼び出しがありましたが、体調不良を理由にお断りしました。何故断ったかというと、奥さんは濡れマンなのでクロッチ部分を汚して私が来るのを待っているのです。行った際に奥さんの汚れたパンティーの匂いを嗅ぎ、汚れを観察するとペニスが元気にフル勃起するのを、奥さんは知っていて、オナニーしてもオマンコからヨダレを流す放題にしているのです。という訳でお断りして奥さんの性欲をアップさせたのです。

昨日8日に、専務からの連絡あり書類を届けに行くと、インターフォンを押すと中から走る音が聞こえて来て玄関が開くと、奥さんは手を引っ張り招き入れてくれました。既にパンティを脱いでいて、黒のパンティーはソファに脱ぎ捨てられていました。奥さんは抱きついて来てキスの嵐です。スカートをたくし上げ、股間に手を持って行くとすでに洪水状態でした。

奥さんは私の上着を脱がせてフェラして大きくすると、お尻を向けて挿入を望むので挿入してあげてから、私は4、5回突いてから、ソファに汚パンティーを手に取り匂いを嗅ぎ汚れを確認すると、さらにペニスは奥さんのオマンコの中で大きくなり、奥さんは「ねえ!チンチン大きくなっよ!亀頭が子宮口に当たるよ!」と言い、自分から腰を動かして勝手に逝くのでした。私が射精しないうちに逝ったので満足したのでしょう。
 

抜いてから、マン汁で濡れているペニスを咥えてシャブリ始めると、奥さんは右手でオマンコを触り、「もう一度挿れてちょうだい」というので、正常位で挿入して深く突くと奥さんはすぐに逝き、私に射精して欲しいとお願いするので、4日ぶりのオマンコに大量の精液を吐き出したのでした。オマンコからペニスを抜くと白い白濁液が流れ出て来ました。

昨晩は時間が無かったので、一緒にシャワーを浴びて身仕度を整えてから奥さんとキスして別れました。奥さんはもう少しして欲しかったと、Lineがありました。その返事に『今週末から仙台に出張です』とメールしたら、奥さんの仙台の『お友達に赤ちゃんが産まれたので、私も出産祝いで仙台へ行こうかな』といいます。

専務に断った上で、私が仙台に出張で行っているので、エスコートしてもらっても良いか確認する様にお願いしました。当然ながらサラリーマンの私は会社指定のビジネスホテルですから、既成事実はつくる必要があり、会社に領収書を提出して旅費精算しなければなりません。

 
奥さんを専務の命令で、仙台近郊を観光案内するとなれば、宿泊延長分は専務のポケットマネーになりますから、公然と奥さんのオマンコを頂ける訳です。まさか私が、奥さんのホテルに来てるなどとは思わないでしょうからね! 取り敢えず専務からの連絡待ちにしました。

明日から仙台へ出張で行って来ます。何も無ければ11日夜帰京の予定です。まだ、奥さんが専務と連絡が取れないらしいです。

 

  『妻の仙台観光案内をお願いします』

38  新入社員 - 2017/02/10(Fri) 04:26 No.20147 

本日午前6時32分発で仙台駅に向かいます。8時過ぎには仙台駅に着いて、駅近くの美味しい立ち食いそば屋さんで朝ご飯です。昨夜LINEで奥さんから連絡があり、11日に仙台へ来る事になりました。

その後に専務からのメールがあり『プライベートな件で申し訳ないが、妻の仙台観光案内をお願いします。会社には私から連絡して置くので宜しく頼みます』と、ありました。

シャワー浴びて用意して始発の電車で東京駅に向かいます。明日の夕方から奥さんと合流します。明日の夜は仙台でもちょっと有名なお店に予約を入れちゃいました。

 

  松島の牡蠣、金華鯖の刺身、仙台牛のステーキ

40  新入社員 - 2017/02/22(Wed) 20:25 No.20254 

まずは仙台の報告からです。夜待ち合わせて仙台の繁華街のはずれにある、割烹料理のお店を予約していたので、奥さんをお連れしました。宮城の地酒の一ノ蔵浦霞日高見という、東京でも評判の日本酒に合わせた料理が、板長の説明付きで出て来ました。

もちろん松島の牡蠣金華鯖の刺身三陸沖の魚料理仙台せり鍋仙台牛のステーキ、地元野菜のサラダや煮物と美味しい料理で、奥さんは喜んでくれました。そして、店から奥さんが泊まるホテルに直行しました。フロントに立ち寄るので秘書のイメージで買物した袋を持参し、奥さんの後をついて部屋に行きました。

部屋に着くと奥さんはミンクのコートも脱がずにキスして来て、股間を触って来たのです。そして顔を見て「栄養つけたから朝まで頑張るんだよ!」と言われ、ウインクをされちゃいました。奥さんのコートを脱がせ、スーツも脱がせ、ブラウスとパンストを脱がせてから、お揃いの黒のブラジャーを外し、パンティーを脱がせると、クロッチ部分が透明の液体で濡れていて、ネバネバしているのが分かりました。マン汁を垂らしていたのです。
 

奥さんを全裸にすると、私も全裸になると汚いペニスを咥えて来て、「何か変な味がする?」と言うのです。そうですよ、汗を掻いていますから汗と仮性包茎なのでチンカスの味がしたんでしょう! 私もオマンコに指を入れて匂いを嗅ぐと、少し尿と酸味の味がしました。

バスルームに行き、シャワーを浴びてバスタブに浸かり抱き合い、互いの性器を触りながらキスすると私はフル勃起に。奥さんはヨダレマンコになったので、バスタブ内で縁に手をつかせバックで挿入すると、奥さんは「ああ~これが欲しかったのよ!」と言い、腰を突き出して深い挿入を望んだので、私は腰を掴み突き上げると、子宮に当たったのか奥さんは腰を落とし逝っちゃうのでした。

今度は抱きかかえて私が縁に腰掛け、奥さんを跨がせて対面座位の形にして下から突き上げると、奥さんは「もう逝く!もう逝く」と言うので、私も射精したい事を伝えると「オマンコの中に出して!」と言うので、思いっきり大量の精液を吐き出してあげました。奥さんも完全に逝ったらしく、私にもたれ掛かりグッタリしていました。

 
体を綺麗に洗い合い、ベッドルームに移動し、奥さんが買い込んで冷やして置いたシャンパンを飲みながら、今夜行ったお店の感想を言いながら酔いが深まり、奥さんも疲れていたのか、2人とも朝までぐっすり寝ていました。

朝は奥さんのフェラで目覚めて、バスルームに直行し、お湯を貯めながらフェラしてもらうと、朝から奥さんが目を潤ませて、「挿れて!」というので幅の広い縁に寝かせて正常位で挿入してあげ、満足させてからも何度も逝かせると、奥さんは「出る!出る!」といいながら、大量の聖水を漏らしたのです。

バスタブのお湯を一旦流してから、もう一度汲み直しました。私達はシャワーで体を清めて再度入浴して、チェックアウトの準備をしました。
 

私は一旦ホテルに戻り荷物を持ち、仙台駅で待ち合わせ、コインロッカーに荷物を預けると、仙石線で松島海岸へ行き、瑞巌寺や周辺のお寺を廻り手を合わせて来ました。昼時になり牡蠣小屋に行き、焼き牡蠣、蒸し牡蠣をたらふく食べてから、仙台駅に戻り今度はレンタカーで青葉城跡ややはりワイン好きなので秋保温泉手前にある秋保ワイナリーを訪問しました。

自宅でも飲める様にシードル6本、赤白6本ずつ、計18本奥さんは購入したのです。お値段の割には美味しいワインでした。これできちんと仙台を案内したことが証明できました。ついでにその先にあるマッサンの関連のウヰスキー工場に行き、そちらでも専務の好きなので、ウヰスキーを3種類2本ずつ頼み自宅に送って頂きました。

 
仙台駅に向かう途中に、牛タンの刺身が食べられるお店に寄り、牛タンのフルコースをいただいて来ました。奥さんもあまり麦ご飯は食べたことがなく、とろろ芋を掛けて食べたら美味しいので喜んでくれました。

仙台駅でレンタカーを戻し新幹線で東京へ戻りました。もちろん奥さんと一緒なのでグリーン車でした。東京駅へ着くとお土産もあるので奥さんを港区某所のご自宅までお送りさせて頂きました。

その夜はすんなり帰宅させてくれました。もちろんキスして別れましたよ。奥さんは専務にきちんと行った場所等をLINEで連絡してくれた事もあり、専務からお礼のメールがありました。もちろん各場所で奥さんのスマホで写真撮りましたから証拠添付です。


その翌日からはサラリーマンですが、営業部分の報奨金は確定申告をしなければいけませんので、初めての体験で書類作成頑張りました。

また、その後の展開を報告させて頂きます。奥さんのオマンコは淫靡なオマンコになっている様な気がします。

0 件のコメント: