人気の投稿

2017年7月17日月曜日

乱パで姉とからみました(姉妹とのエッチな体験)


姉妹とのエッチな体験

 

 

乱パで姉とからみました

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1742#res

1. 露出好き姉  投稿者:ジョーカー 投稿日:2016/03/14(Mon) 22:24 No.1742   

ずいぶん前になりますが、露出サイトを運営していました。夫婦でやっていて露出プレーだけではなく、スワッピング乱交、童貞の筆おろしなど、いろんなことをやってました。画像を少しだけ無料で見ることができましたが、動画は有料会員にならないと見れません。乱交パーティなどに参加したい場合は、有料会員になる必要がありました。

だからそこそこ会員が多くて、結構儲かってるみたいでした。それなのにサイトは突然の閉鎖になりました。逮捕されたんだろうとかいろいろ噂が立ちましたが、真相は姉が妊娠してしまったために、夫(私の義兄)がブチ切れたのです。

乱交パーティを毎月のように開いておきながら、妊娠したら怒るというのが勝手だと思ったのですが、乱交パーティの際にはコンドームを着けて、さらに射精の瞬間にはあそこの中から抜くという条件を徹底していたそうです。


義兄は子供が欲しくない人なので、生中出ししたことがないそうです。だから姉が妊娠したことで、義兄の知らないところで、誰かと生中出ししたんだろうという結論に至ったようです。コンドームを着けていても100%避妊できるという訳ではないので、姉がしらばっくれたら逃げれたのかも知れませんが。姉が生中出しさせたことを認めたのです。

1対1の不倫ではなく、男5人相手にやったそうです。安全日だから油断したら妊娠したとのことです。


そして姉は中絶し、離婚して家に戻ってきました。父や母はほんとの原因も中絶したことも知りません。でも僕は偶然、姉とは知らずに有料会員になっていたのです。動画や静止画には顔にモザイクがかけられていたので、まさか姉とは思いませんでした。

エッチなクリスマスパーティに参加した時に、サイトの女性が姉だと判ってビックリしました。姉も私の顔を見て「ハッ」という表情をしていましたが、お互い知らんふりをしました。

女性が姉ひとりだけなら、適当な理由を付けて途中退場したところですが、姉以外にも露出やスワッピングサイトをやられている有名な女性が3人おられましたのでその場に残りました。その時はセックスなしのエッチな遊びばかりでした。


後日、乱交する話があって、姉に「絶対に参加させて」とお願いしました。姉はきょうだいのいない設定になっていましたので、きょうだいということを絶対にバラさないというのが参加条件でした。この乱交パーティが義兄に内緒で行われた生中出しだったのです。

女性4人と男性が16人集まりました。最初から全員でからみまくりました。競争倍率が4倍だし、私が姉のメンバーでは一番の新人だったので、ガツガツせずに順番を待ちました。

姉は4サイトの中も一番変態で人気なので、この時も常に2人以上が姉とからんでいました。2穴攻め+フェラという状況はなんどもあり、さらに2穴3本挿入というのもありました。


私は姉よりも年上の人妻の方と最初に絡みました。長時間独占できないので、射精に至らなくてもチェンジしていきました。そして2人の方と絡めたのちに順番を待っていると、姉のメンバーの方が「うちの新人さんなのに、まだマーガレットちゃん(仮名)と絡んだことがないから、みなさんが出す前に、絡ませてやりたいんだけどいいですか?」と言いました。

姉とセックスしたらあかんやろうと断ろうと思いました。でも姉が股を広げて私を呼んだのです。姉にしてみたら、私はただの会員なのでセックスを拒否する理由がないのです。私も姉の有料会員なので、姉とセックスしないとおかしく思われます。

だから断らずに姉とやることにしました。軽くキスをしてから、姉のあそこも少しだけ舐めてからペニスを挿入しました。入れた瞬間、大興奮でした。それに姉の中は良く締まるし、中の感触が最高にいいあそこでした。2分ぐらい抜き差しするとチェンジの合図がかかりました。

 
今度は私に姉の肛門に入れるように言われました。仰向けになると姉が上に跨ってペニスを肛門に入れてしまいました。そして次の男性があそこにペニスを入れて2穴攻めになりました。姉がむちゃくちゃ感じ捲っていました。

これが私と姉が初めて近親相姦した時の状況です。これ以降もイベントの時には姉とセックスしました。姉は「エッチ上手だし、あそこもデカイからまあいいんじゃない」と私とのセックスを拒否することはありませんでした。

 
離婚直後には、サイトのことにも触れたら可哀想なので、静かにしました。3か月ぐらいが経ち、私が姉とセックスしたくなったので、姉に「別の露出サイトとかやるつもりないの?」と聞きました。すると「もうやらないわよ」とのことでした。

(姉はあんなにも、複数プレイで感じまくって楽しそうだったのに、それまで我慢できるのかなあ)とさらに聞いてみると、「お気に入りの人とだけ集まって、たまに乱交してるわよ」と答えが返ってきました。「僕も参加させてよ」と言うと「女はお姉ちゃんだけなのよ」と渋りました。

「久しぶりにお姉ちゃんとセックスしたいし」と言うと、「別に乱交でなくても、家で出来るでしょ。お父さんとお母さん、8時頃まで帰らないと言ってたから、今やってもいいわよ。5時間2本勝負ぐらいする?」と言いました。


この時から、姉弟での近親相姦やり捲りの日々が始まりました。姉はドキドキするのが大好きなので、母がお風呂中に近くで絡んだり、父が庭の手入れをしているのを見下ろしながら、ベランダ立ちバックでからんだりとかしています。

チンポを舐めさせながらドライブしたり、クルマの中でオナニーさせたりとか、いろんなことをやって楽しんでいます。離婚のお蔭で、エッチなオモチャが手にはいったので、毎日楽しいです。 

 

 

SEXにハマった妹は、色々な体位を要求

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1746#res

1. 妹とやりまくり  投稿者:ひとし 投稿日:2016/03/18(Fri) 17:46 No.1746   

2階のふた部屋が妹と私の部屋でした。間の仕切りはスライドドアで、そのドアをはさんでベッドが並んでいる形。妹が中1、私が中3の時に、どうしても女性の胸に触ってみたくなり、深夜にそっとドアを開けて熟睡している妹の胸を、パジャマの上から触ってみましたが、全く目を覚ます様子はなし。

その日はそれだけで満足しましたが、数日後、またムラムラして同じように胸に触れました。目を覚まさないので、少しエスカレートしてパジャマのボタンを外し、ブラジャーの上からタッチ。更に大胆になってブラジャーを外し、乳首をなでなで。

中1にしてはかなり大きめのバストを堪能。翌日考えてみると目を覚まさない訳がないと思い、妹も興味があるんだと更に大胆な行動を試してみることにした。深夜、昨晩と同じようにブラジャーを外してモミモミ、乳首を舐め回した後に下も脱がしてパンティの上からクリをなでなで。全く起きる様子がないので楽しんでいることを確信。ついに最後までやることを決心。

 
翌日は全裸にしてクンニ、手マン、濡れ濡れになったところで挿入までやっちゃった。翌日の土曜は夕方まで両親がいないことが分かっていたので、昼間リビングのソファに、横になってテレビを見ている妹の足に、軽くタッチしてみました。

寝たふりをしするので、「寝たふりをしなくていいよ」と言うとバツが悪そうに起き上がり、「昨日みたいにやろう」と言う始末。ゆっくり焦らしながらスウェットの上下、ブラ、パンティの順に剥ぎ取り、乳首、クリを攻めてあげたあとに、チンを舐めさせ正常位で挿入。  

流石に女性で最初は痛がっていたか、段々気持ち良くなってきたみたいで、声を出し始め、その声に反応してその日はフィニッシュ。すっかりSEXにハマった妹は、色々な体位を要求するようになり、高校を卒業するまでほぼ毎日続きました。ラッキーなことに結構中出ししたけど妊娠しませんでした。

 

  結婚してからは、会えた時にはまだ楽しんでいます

3  ひとし - 2016/04/10(Sun) 00:40 No.1785 

妹が高校卒業までの6年間は、生理の時以外はほぼ毎日やり捲りでした。中1の時はCくらいだったバストも、中3ではD、高校卒業の時はE以上に成長して、かなり楽しめました。最初は処女でピンクだったクリはさすがに使い込んでかなり黒ずんできましたが。

正常位に飽きて、中3頃からの好みは立ちバックと騎乗位と、中学生にしてはかなり淫乱に仕込めたと思います。若かったし、中に3発くらいは出さないとお互い満足できないくらいやり捲りでした。結婚してからは数年に一度くらいしか会えなくなったので、会えた時にはまだ楽しんでいますよ。

 

 

父と姉、姉と私の近親相姦

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1753#res

1. 姉と父と私  投稿者:ゆうたろう  投稿日:2016/03/22(Tue) 12:49 No.1753   

姉は24歳。父と私とセックスしています。3人でセックスすることはありません。父と姉は5年ぐらい前から近親相姦していますが、私と姉の関係が始まってまだ1年です。きっかけは、真夜中のあの声に気づいたからです。

私はいつも12時頃に布団に入り、一度寝たら叩かれても朝まで起きません。ですが、その日は目が覚めてしまいました。女性のあの時の声が聞こえたような気がしたからです。聞き間違いかなあと思っていると、父の部屋から「はあん・・・あはん・・」とかすかに声が聞こえてきました。

(AVの音声かなあ)と思いながら声を聞いていると、姉の声のような気がしました。ベッドから降りて父の部屋の傍に行って聞き耳を立てている時に、くしゃみが我慢できなくなりました。自分の部屋に戻る前にくしゃみが出てしまいました。私が様子をうかがっていたと思った姉はすぐに自分の部屋に戻っていきました。


それからしばらくの間、ボイスレコーダーで、夜中の父と姉の声を録音してみることにしました。すると明らかにセックスしているような声が録音できました。証拠を固めてから姉に言いました。「親父と変なことしてない?」「変なことってなに?」「男と女がすることだよ。姉ちゃんの変な声が親父の部屋から良く聞こえてくるんだよ」「親子でそんなことする訳ないでしょ」

姉は顔色ひとつ変えることもなく、父と変なことする訳ないと言い切りました。その後もボイスレコーダーでの録音を続けました。念のために昼間も録音したら昼間にセックスしていることが判りました。そこで昼間に踏み込んでみることにしました。

静かにそおっと家に入ってみると、姉の声が聞こえません。失敗したかと思った時に姉が全裸でソファに横になっていて、あそこから精液が流れ落ちていました。「亜里沙もなにか飲め。今日の父さん元気だから飲まないと死ぬぞ」 キッチンの方から父の声がしました。姉の姿と父の声を総合すると、セックスの休憩中であることが判りました。結局踏み込むことを諦めて静かに家を出ました。


そして家から父の車がなくなっていることを確認してから家に戻りました。姉がいましたが会話を交わさずに、自分の部屋に入りました。部屋でボイスレコーダーを全消去している最中に、姉が入ってきました。「覗いてたでしょ」「何を?」「セックスしてるところ」「いつから父さんとあんなことしてるの?」

「お母さんの一周忌が過ぎてからよ」「なんでだよ?」「なんでか忘れちゃった」「まだ続けるのか?」「続けると思うけどダメ?」「親子でセックスしたらだめだろ」「そうだけど今さら止められないわ。誰にも迷惑かけてないし」

父との近親相姦をこれからも続ける意思があることを、私に告げると部屋から出て行きました。この日の夜、父の顔を見づらかったのですが、父は私に見つかったことを知らないようで、普段通りの父でした。

 
その週の金曜日、まだ夜7時だと言うのに姉の部屋からエッチな声が聞こえてきました。「気持ちいいよ・・・あはあああん」「今日の父さんは凄いだろ」「凄いよ、凄く硬い」 これまでは夜中にこそこそとやっていたのに、この日は私に隠すつもりが全くないように感じました。

「もうイッちゃいそうだよ」「早過ぎだろ」「だって今日のお父さんすご過ぎだもん。気持いいよー・・・・ああん・・・ああん」 姉の声が凄いのでもっと近くから聞きたくなり、部屋を出て姉の部屋に行きました。すると姉の部屋のドアが全開になっていました。

仰向けになった姉の上に父が乗っかっており、ペニスがマンコに刺さっている様子がモロに見えました。「またイッちゃうよ。今度はお父さんと一緒にイキたいよ」「父さんもそろそろイケそうだぞ」「早く出して」「出すぞ」「イッちゃうう」

父はマンコからペニスを抜くと、お腹の上に射精していました。姉はからだを反ってアクメっていました。
 

その時です。父が私の方を見ました。「こっちに来いよ」 逃げても仕方ないので、中に入りました。ベッドの上には、身長163、バスト85、ウエスト58、ヒップ90の姉が全身を赤く染めてぐったりしていました。「お前も姉ちゃんとやりたいんだろ」「別に」「正直になれよ。家族でセックスしたところで誰にも迷惑かからないんだぞ」

「そういう問題じゃないと思うけど」「童貞か?」「違う」「じゃあ一度姉ちゃんを抱いてみろ。そのあとで家族会議だ」 いきなり私に姉を抱けと言い残して父が出て行きました。「お姉ちゃんを抱いてみてよ。ゆうちゃんとセックスしたかったんだ」「いいよ」

「お父さんはこれからも裕ちゃんが起きている時間帯にもセックスする気だよ。我慢できるならお姉ちゃんとしなくてもいいけど」「・・・・・」 私が無言でいると姉が毛を剃ってパイパンのマンコを私の方に向けました。無修正AVでもなかなか見られないぐらい綺麗なマンコでした。「お父さんは、『今までセックスした女性の中であそこが一番綺麗で、一番気持ちいい』って。それを味わってから今後どうするか考えてみたら」


姉のマンコやオッパイを見て我慢できなくなりました。すぐに裸になって姉にのしかかりました。姉のオッパイにむしゃぶり付くと「キスがまだなんだけど」と口を尖がらせていいました。姉とキスするのは恥ずかしかったのですがやりました。姉の方からベロキスに変えてきました。実は童貞だったので、ベロキスの仕方が良くわからなくて姉にリードされながらやりました。

ベッドに押し倒されて、ペニスを舐められました。射精しそうになんどもなりましたが耐えました。そしてシックスナインをしました。目の前の姉の穴を見て(ここに父さんが何回、いや何十回、何百回もペニスを入れたんだなあ)と思ってしまいました。他のことを考えないと射精したくなってしまうので、舐めながらいろんなことを考えました。

耐えきった後は、姉が私の上にまたがってペニスをマンコに入れてしまいました。想像以上の感触で、10こすり半ぐらいで「出そうだから退いて」と姉の腰を持ち上げようとしました。でも姉は腰をくねらせるだけで退こうとしませんでした。


「もう駄目だよ」「出していいわよ」「姉ちゃんの中に出ちゃうから退いて」「中に出して大丈夫だから我慢しないでイキなさい」「ごめん」 姉に謝りながらマンコの中に出してしまいました。天国に上るような気分でした。仰向けのままで姉の顔を見つめていると父の声がしました。「早いなあ。童貞だったんだろ」「・・・うん」

「どれぐらい出たんだ」 姉がペニスを抜くと、マンコの中から精液が流れ出してきました。「若いのに水っぽいなあ。大丈夫か?」 私の精液を触りながら、父が私の精液の評価をしていました。
 

家族会議が行われました。私がこれからも姉とセックスしたいのならさせてくれる。姉とセックスするのが嫌なら、私は独立して外で部屋を借りろということでした。選択したのはもちろん姉とのセックスです。

この日以降、姉とやりまくりました。3Pをしたことは一度もありません。どっちが姉とするのかは気分次第です。姉をアクメさせることが楽しくて毎日やりまくりました。姉に彼氏が出来てからはデートの前の日にはセックスしないことにしました。でもデートから戻った夜は、私も父も挑みました。

父の言うように近親相姦は誰にも迷惑かかりません。みなさんもどうですか? 

0 件のコメント: