人気の投稿

2017年7月21日金曜日

長い日数掛けて、首(亀頭)まではOK貰いました(姉妹とのエッチな体験)


姉妹とのエッチな体験

 

 

長い日数掛けて、首(亀頭)まではOK貰いました

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1910#res

1. 妹と最高です  投稿者:KK 投稿日:2016/05/15(Sun) 15:36 No.1910   

性に強い関心を持ち始めると、身近のところに一番に目が行くようです。わたくしは高校の頃から2つ下の妹に目が行くようになっていました。中学生の妹が女の身体になって、わたくしの目を奪うようになり、テレビを見ていても、湯上りの短パンでいる姿などを見ると、テレビどころではなく妹を横目で見てしまいます。

そんなエロチックな毎日を送っていました。わたくしたちは非常に仲が良くて、よく2人で出掛けたりもしていました。人が見たら恋人同士に見えたかもしれません。映画なども良く行きましたが、映画の間中、手を繋いでいたりしました。

わたくしが高3になった頃になると、いよいよ高1の妹は可愛くてすばらしい身体となり、妹の身体が気になって仕方がありませんでした。妹もわたくしが見ていることは気づいているようでした。

 
わたくしたちは二階で、別々の部屋を使っていました。両親は一階を使っていて、昔風の大きな家ですから、両親の夜の営みが、聞こえるなどということはありません。二階は4部屋あり、全部が畳の部屋で全てが襖でした。

妹の部屋は廊下を隔てた部屋で、布団で寝起きをしていました。今から30年も前の話です。高3になってから毎日のように、向かいの妹の部屋を覗く行為をしていました。襖を開けて隙間から、妹がどうしているか覗くようにしていました。しかし、上手く妹の姿を見ることは意外と難しいのです。

少し暖かくなった6月頃のことでした。どうやったら上手く妹の姿見えないか考えていたのですが、前から実行できなかったことをやりました。妹が自慰をしていないか、していたらそれを見たいと思っていました。

 
わたくしは小学校の頃から自慰はしていたし、精通も中学であって、毎日精子は出していました。お蔭で部屋は精子の匂いで臭かったと思います。妹が風呂に下りると、直ぐに妹の部屋の隣の部屋に入り、襖を5ミリ位ずらしました。目を近づけると殆ど部屋中見えます。

わたくしは先に風呂に入っていたので、部屋の電気は消して寝たようにしていましたから、妹が来ることは無いはずです。かなり長くドキドキしながら待っていると、階段を妹が上がってくるのが分かりました。

部屋に入って来た妹は、パジャマの上と下は白の下着だけでした。その身体を見て一気に虜になりました。乳房もかなり張っているようで、パジャマの胸がかなり膨らんでいます。高1でもう女体です。白い下着のデルタを見た時、全てが見てみたいと思いました。

 
強くペニスを握って、ズキズキする快感を味わう鬼畜な兄です。今でこそ淡々と書けますが、その時には口から心臓だ飛び出るくらいに興奮して、武者震いをしていました。妹は熱いのかそのままの姿で机に向かっていましたが、何事もなく布団に入ると眠ってしまいました。ソロソロと部屋に帰るのが大変でした。

それからは時々そうやって覗いていましたが、とうとう我慢できなくて、夢遊病者のように寝静まった頃に妹の部屋に入り込みました。寝ている妹の顔を薄暗い中で見ていたり、布団の上から胸の上を押さえて乳房の膨らみを感じたりしていました。

部屋に帰ると思い出しながら射精です。そんなことが何回かありましたが、妹は気が付いていないようです。

 
ペンシル型の懐中電灯を買うと光が広がらないように、先にレンズフードのような物を付けると、部屋に忍び込んで布団の横から頭をゆっくりと挿し込んで、震える手で懐中電灯に灯を付けました。真っ白い下着のデルタ部分が思った以上に良く見えて、生唾を飲みました。

微かに妹の体臭が匂ってきます。腿の方からむっくりをしたデルタを眺めてから、ソロソロまた部屋に帰りました。バレなくてホットしましたが、翌日も我慢できず、またあのいやらしい膨らみが見たくて夜這いです。

手をソロソロと布団に挿し込んで恥骨の膨らみの上にゆっくりと乗せると、柔らかくてもっこりとしたものが、手の中に入りました。縦に溝のような感じが指に伝わり、少し湿っているように感じました。温かくてジメッとした感じてす。

じっとしていると手と陰部が一体になったようで、妹も絶対に気が付かないと思いました。同じ行為を乳房にもして、その膨らみを感じさせてもらいました。

 
そんなソフトタッチを何度もやっているのですから、幾らなんでもバレますね。昼間の態度には変化はないように思いましたので、バレていないと思ってしました。風呂上りもホットパンツで下着が横から丸見えになるのに、大きく足を開いてテレビを見たりしています。

わたくしの目線は分かっているはずです。もし気が付いていたらわたくしを警戒して、そんな格好はしないはずです。

 
その日も部屋に忍び込むと寝息を確かめました。スースーと寝息が聞こえます。12時頃ででした。するりと手を差し込むと、大の字になって寝ている股の上にゆっくりと手を乗せました。いつもの汗ばんでモワッとした熱気を感じます。

それにしても蕩けるような柔らかさが手に伝わってきます。腰の辺りに座って右手を挿し込んでいます。バクバクギラギラしたわたくしは、いけないと思いながらも行動は勝手にしてしまいます。左手を差し込むと下着の腰の部分摘んでを持ちあげると、妹の肌に触れずに右手を差し込むことができます。

手首まで差し込むと、非常にユックリを手のひらを大陰唇の上に乗せました。熱くて柔らかい感触が夢中にさせます。中指をゆっくり曲げてみるとヌルリと粘膜の中に沈みそこが熱くて、本当にトロトロしている中にぷりぷりした襞を感じました。
 

なんという感触でしょう。直ぐに虜になって粘膜の中を、どうなっているのか確かめたくて、上から下まで指を気づかれないよう動かしました。指が自然に穴の中に入りました。第二間接まで入った時に二度、ヒクヒクと強く膣が指を締め付けました。

わたくしは気がつかれたかと思わず指を引き抜くと、すばやく部屋に帰りました。指についた匂いを嗅ぎながら射精した。翌日、妹と顔を合わせるのか気まずかったが、特別なにもなかった。気がつかけれなかったのかと思いました。

 
それから少ししてから我慢できず、妹の部屋に入りました。もう夏です。お腹の上にタオルケット掛かっているだけです。やはり大の字になって片足は特にくの字に曲がって開いています。下着のクロッチを指で掴んで持ち上げると懐中電灯で照らして見ました。

真っ赤に充血して小陰唇が、開いて中に透明な光るものがあいました。足の間に寝そべってそこを飽きることなく眺めてから、指を当てて陰門を開くようにしてみました。妹の寝息は大きい。大丈夫!

下着のクロッチをもっと横に寄せて、陰部が全部見えるようにしました。懐中電灯で光らせて眺める。もう1時間はやっていました。指を膣に宛がうと、ヌルヌルした粘液のお蔭で簡単に中指の根元まで入りました。やはり前と同じようにヒクヒクと強く指を締めつけます。今度はあわてずじっとしていました。差したままじっとしていると、またヒクと強く指を締め付けました。片手で乳房の上に手を乗せて、ゆっくりと膨らみを掴んでみます。ヒクヒクと又指を締め付けます。熱くて熔けているみたい。


数日してから妹と2人で買い物に行った時に、「お兄ちゃん、夜へんなことしに来とるじゃろ」「えっ」と顔を赤くして黙っていると、それ以上は言いまえんでした。「来るな」とも「親に言う」ともなにも言いませんでした。

少ししてから「また行ってもいい?」と耳元で囁いてみたら「変なことせんのなら来ていい」と意味不明のことを言いました。その夜早速寝静まった頃、部屋に忍び込むと妹の様子を伺いました。寝たふりをしていると直ぐに判かりましたが、ソロソロと乳房に直接触り掴みました。妹は知っている。好きなようにされたいんだ。

吸い付くような肌を楽しんでから、下着に手を挿し込んでみました。熱く充血しているのが直ぐに判りました。燃えるように熱い。指を曲げると簡単にヌルリと襞を割って、粘膜の中に入りました。ゆっくりゆっくりと割れ目の中を掻き揚げると、粘液が溢れてベトベトになって行きます。

 
栗のことはエロ本で知っていたので、クリクリと指先でくじる様にすると、性器を絞るような動きをして腰が浮きました。息が荒くなり、どっと力が抜けました。翌日妹に「夕べ逝ったろ?」というと、妹は「よう知らん、来たん?」と惚けました。

それからは毎夜、妹が風呂から上がって布団に入ると、直ぐに行って色々な行為をしたのです。性交は性器を合わせる行為をしていて、亀頭の先だけ膣に宛がって差し込むような行為をしていたら、いつしか首まで入ってしまいした

それからは首まではおOKで、毎回そこで抜いていましたが、サックを手に入れてから、根元まで差込み、精子が出るまでの行為をするようになりました。


学校を卒業してからお金が自由になるので、毎回のようにホテルで楽しんでいました。家でもしましたが、ホテルのように大胆になれないですからね。

妹にセックスの味や膣も、手首が入る程広げてやりました。今では普通のセックスは、できないような性器になっています。 

 

  7年間では千回以上妹と

4  ヒデ - 2016/06/30(Thu) 02:26 No.2017 

俺も同じようなことから、中学から妹とHな関係になっていました。近所のおじさんが「ヒデ君の妹は美人だな」と言われてから、改めて妹を見るようになりました。時々、道で会うと俺をそそのかすような事をいました。

「お前はあんな綺麗な妹がいていいな」とか「一緒に風呂には入らないのか?」とか言っていましたが、「家に遊びに来い」と言われて行くと、エロ本とか見せてくれて、「持って帰って妹にも見せてやれ」と言いました。

妹とエロ本を一緒に見るようになって、2人とも我慢できなくなって、身体を触り合うようになりました。おじさんにはそうなった事は言いませんでした。おじさんからエロ本を借りる時には色々とHなやり方を教えてくれるので、実行していました。


昼間はヤバイので夜の親が寝てから、妹の部屋に忍んで行っていやらし事をしていました。挿入は高校3年の夏でした。高校を卒業してからはラブホで週1位いっていました。妹とは7年位いやらしい関係でしたが、妹が結婚してから切れました

7年間では千回以上はマンコを弄くっていたでょう。高校の頃は口で抜いてくれていましたね。良い思いでです。こんな似たような経験者は多いんでしょうね。

 

  妹さんとは何歳違いなんですか?

6  甲斐 - 2016/07/01(Fri) 15:17 No.2019 

ヒデ さん

  妹さんの体を触りだしたのは、何年生からですか?、

 

  陰毛が濃くて燃えるように立っていました

7  ヒデ - 2016/07/02(Sat) 03:14 No.2021 

1つ下中2の終わり頃からでしたね。最初はエロ本の刺激的な内容に2人とも夢中で見ていました。具体的にチンチンを挿入する事をハッキリと知ってショックも受けました。エロマンガも刺激的でした。

妹の胸を触るとビクとしましたが、手をよけなかったので、それからはいつも意外と大きな乳房を、服の上から揉みながらエロ本を見るようになっていました。おじさんに返してまた別の本を借りて来るのです。

後から妹から聞いたのですが、妹も毎日オナニーをしていたそうです。そんな時に裏本という性器が写った本を、「妹に見せてやれ」と貸してくれました。その本は若い男女のセックス写真で、妹もチンチンがマンコに挿入されているものを見るのは初めてです。


我慢できなくなって妹を押し倒して乳房を揉んでからキスをしてみました。本で色々見ていたので結構激しいキスをしましたよ。キスをしながらデルタ部分をズボンの上から揉むようにすると、手を取って胸の方に持って行き乳房を揉むように促しました。そして「夜しようよ」と誘って来たのです。

その夜、寝静まった頃妹が来て「来る?」と覗いたのです。妹の部屋に入ると「本みたいなことする?」と言ったので頷くと、「入れるのは止めとこうよ」と言ったのでまた頷くと、電気を小さくしてからブラとパンツだけで布団に横になりました。二度目のキスをしながら初めて直接乳房を揉みます。ブラを取ると妹が自分で下着脱いだので仰天しました。

陰毛が濃くて燃えるように立っていました。起き上がって股の方を覗き込むと、大きく足を開いて陰部が見やすいようにしてくれました。エロ本のお蔭で大胆になっていたんでしょうね。「電気を明るくして見てもいいよ」 朝方まで妹の身体をオモチャのようにしました。


処女のおマンコとは思えないような、ベロベロ状態になっていましたね。その時から69も知っていたので実験しました。毎夜、あらゆる行為の実験です。楽しかったなあ。

高3の頃には、「今日は素っ裸で足を開いて待っていろ」といっておき、11時頃には部屋に行くと陰毛露わに待っています。そんな妹を手も使わずにのし掛かると、ズボリと犯したり。尻を突きだしてオナッて待っている妹を、後ろから犯したり色々やりましたね。

ラブホでは音を気にしないで良いので、本当にセックスを楽しみました。ホテルに入ると玉から竿にむしゃぶりついていました。ピルを飲んでいたので中出しOKでしたね。

0 件のコメント: