人気の投稿

2017年7月9日日曜日

1コ上の姉はトロトロ 中1から(姉妹とのエッチな体験)


姉妹とのエッチな体験

 

 

妹と北陸の有名庭園に旅行しました

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1564#res

1. 恋人関係  投稿者:兄妹 投稿日:2015/09/24(Thu) 04:06 No.1564   

自分は21で、他県の大学のため、1人アパート暮らししてます。妹は今年JKを卒業して、親元から通学してる地元のJD1年の19です。自分達がこうなったのは、自分がS6で、妹が小4、2人きりで留守番した時からです。

その時は、ただ単に妹のアソコが見たいだけの単純なイタズラが、だんだんとエスカレートしていって、自分がC2で妹がS6の夏休みにセックスしました。最初は、余りの痛さに妹が「やめて」と泣き出し、次も痛がる妹が可哀想になり、途中でやめました。

ベッドのシーツが血で染まり、自分のチンコにも血がついていました。この時は、妹は、母親に「生理の手当てが遅くてシーツを汚した」みたいな言い訳をしていました。それから数日後、妹と本当に繋がることに成功。

 
チンコを入れて数回動いたら妹の中に出していました。妹は、それほどセックスしたいでもなかったみたいですが、自分としてはもう、盛りのついた犬や猫と同じようなもので、親の目を盗んでは妹とセックスしていました。

この頃は、コンドームも無いし、買うこともできないしで、いつも妹のお腹の上に出していました。妹が感じるようになったのは、たしかS6の3学期ぐらいです。それより前には、セックスするにも余裕がでてきて、ちゃんとオッパイやマンコを触ってあげたり、舐めてあげたりして、マンコを濡らしてからセックスしていました。

妹がJCになると、両親が寝た夜中に自分の部屋に来てセックスすることもありました。また、逆に、自分から妹の部屋に夜這いすることもありました。妹は喘ぎ声が聞こえないよう、自分の手で口を塞いだりしてました。


自分が大学(アパート)に行く前の夜、妹が部屋にやってきて、「寂しいから行かないで」と泣きながらセックスしました。それから2年。妹とは春、夏、冬の休みの短い時間、毎晩のようにセックスしました。そして今年。

このシルバーウィークを利用して、1泊2日の旅行を妹としてきました。計画は夏休みの時からで、バイトして貯めたお金を持って旅行会社に行きました。行き先は、北陸のとある都市です。妹は、両親には「友達と旅行したいから行かせて」と言ったそうです。

旅行当日、妹とは新幹線の駅で待ち合わせていました。19歳には見えない、大人びた顔立ちの妹。身長167で少し痩せぎみ。髪型はボブのショート。バストはブラのサイズが83B。

1泊だけど荷物一杯だ」「これでも少ないよ」 白のブラウスに紺のフレアーミニスカート。歩くたびにスカートがフワフワ揺れていました。新幹線が終着駅に到着。取り敢えず有名な庭園に向かうも、人、人。市場にも行ってみたけど、ここも人だらけ。
(注…兼六公園か)

 

あれこれ見て回ったら、ホテルのチェックインする時間になっていました。「XXホテルまでお願いします」 荷物を持って、タクシーの運転士さんにホテル名を告げました。ホテルに着いて、部屋に案内されました。ツインだけど、ダブルの大きさのベッドが目につく。

「お泊まりって初めて」「紗英」「あ」 自分は妹をハグしていました。妹をベッドに押し倒し、その唇に唇を重ね合わせました。少し塩っぱい首もとにもキスして、ブラウスのボタンを外しにかかります。貧乳でも豊満でもない妹のオッパイを揉み、舐めまわしました。

「お兄ちゃん、お兄ちゃん」 妹が喘ぐのを聞いて、こんどは穿いていたスカートをめくり、更にパンティも脱がしにかかります。パンティを脱がすと、モアッと汗とオシッコの匂い、それに妹の愛液の入り混じった匂いがしてきました。


「舐めていい?」「いいよ」「気持ちいい、お兄ちゃん」「お兄ちゃんイク、イキそう」 自分は一旦離れて、妹のキャリーからコンドームを1個ちぎって、急いでズボンとトランクスを脱いでチンコに被せました。

「あ、気持ちいい、気持ちいい」「だめ、もうだめ、イクッ」「俺もイクよ」 イッたそのあと、服装を正してご飯を食べに行き、夜の街を散策して戻ってきました。「お兄ちゃん、一緒にお風呂入ろう」 妹に壁に手を突かせ、立ちバックで背後から入れました。

そのあと裸でベッドに戻って、体位を替えながら明け方近くまで妹とセックスを楽しみました。

コンドームは、ご飯前のセックスを含めると、5個使ったことになります。セックスの最中はそれほどでもなかったのですが、朝に妹がアソコがヒリヒリして痛いと、痛がっていました。また近いうちに、一緒に旅行しようと計画中です。 

 

  妹が使い古したパンティをくれた

3  兄妹 - 2015/09/27(Sun) 01:12 No.1567 

自分の今借りて1人住んでいるアパートと、実家は、電車を乗り継いで4時間位掛かる距離です。例えば、土曜日・日曜日でも、妹に逢いに行けない事はないですが、バイトの関係もあるので思い通りにならないのが現実です。

自分が長期の休み(春・夏・冬)は、バイト先も考慮してくれていますが、土曜日・日曜日はお構い無しにシフトを組まれているのが実状です。妹も実家で、外泊は厳しい。何度か自分の住むアパートに行ってみたいと親に交渉したようですが、あっさり却下されて話しにならないと憤慨していました。

今自分達はまさしく遠距離恋愛しているみたいな状況です。実は、夏休みも終わりに近づいて、アパートに行く前の日、妹と抱き合ってセックスした時、「これお兄ちゃんにあげるから浮気だめよ」 妹が使い古しのパンティを、セックスが終わってから手渡されました。

仕方なくアパートには持って来ましたが、これは何を意味するのか? 衣装ケースに隠してありますが、たまに取り出して眺める程度です。 

 

 

久し振りに妹を抱いた

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1627#res

1. 昔を思って・・・  投稿者:愛妹姦兄 投稿日:2015/12/15(Tue) 14:42 No.1627   

先日、久しぶりに妹が1人で実家に帰ってきた。用があって近くまで来た序(ついで)に寄ったみたいだ。「今日は、近くに来たので線香でもあげようと思って」と言って入ってきた。「あら、義姉さんは?」「ああー、今朝から親戚のことで出かけたよ。明日帰って来るけど、アイツに用か?」

「ううん、別にないけど皆、変わりない?」「ああー、別に変りはないな、歳をとったくらいかな?」「それは皆一緒よ。うちも子供達は外のほうが良いらしく、ほとんど家にいないわよ」と言いながらかってはここに住んでたから、勝手にお茶をいれる支度を始めた。

何気なく俺は妹の後ろ姿を見て昔を思い出していた。まだ若くて性欲が溢れていたから、2人きりの時は、よくここで交わっていた。今日も、ちょうど妹の恰好がそこ頃と似ていたから、俺の欲望の火が燻(くすぶ)り始めて、股間が硬くなるのを感じた。


今までの経験から今の妹の後姿が、全裸で立ってるように想像できる。我慢できなくなった俺は立ち上がり妹を抱きしめて、キスをしたら一瞬驚いたようだが、すぐに激しいキスで応えてきた。一度火がついてしまったら、昔のようになるのに時間はかからなかった。

ソファーに腰かけキスをしながら、妹の着てるものを1枚づつ剥いでゆく。シャツを捲り上げてブラジャーを外すと、Cカップほどのオッパイが現れた。昔より肉がついたのか少し大きく軟らかくなっていた。それを口に含み舌で乳首を舐めてると、次第に乳首が立ってきて呼吸も乱れて喘ぎ始めた。

手で揉み上げ、吸い付き、舐め回してると「アアー、アッアッ、ハーッ、ハッハッ」と感じてる声をあげる。スカートのジッパーを下げて、パンティと一緒に剥ぎ取っると、久しぶりに妹の全裸の姿。「ヤダー、恥ずかしいよ」と言いながら手で胸を隠したので、俺も全裸になってその手をバンザイさせて、無防備になったオッパイを再び口で甚振(いたぶ)ると善がりながら身体をクネラセて応えてくれる。


もう何処を触っても感じるらしく、触る度に「アアン、アッツアーン、ウウッ、ハーン」と声をあげて感じていた。股間の秘壺も今までの刺激で、透明な駅で濡れ光り、アワビの様に蠢いて、一物を待っているようだ。久しぶりの妹の秘壺。どんな味がするか楽しもうとして、先端で秘壺の周りを擦り付けて少しだけ押し付けると、先っぽが秘貝を押し開き亀頭部がめり込んだ。

さらに腰を進めればニュルリと一気に根元まで飲み込まれた。呻いて俺にしがみついてきた。妹が「アアー、イイワー、久しぶりにオニイので一杯よー」「そうか、ダンナとは違ったこれもいいだろ?」「そうね、ハッキリと違いは判らないけど、何か感じが違うと思う。それより少しこのままジットしてて。今私のあそこでオニイのをしっかり思い出すから」と言いながら膣を締めたり弛めたりしてきた。

結構これって気持がいい。亀頭と竿がキュキュと締められて、自分で抜き差しするのと違う快感を得られた。そろそろ限界が近づいたから「そろそろ出していいかな? 気持よくてイキそうだよ」「今日は何度も気持ちよくしてよ」と言って、俺からの責めに身体を任せ突かれる度に声をあげる。


「いくぞ」と云って、抜き差しを早めるのに合わせるように呻き、俺の射精した時に「アアーッアアーッ」と声をあげてイッタようだ。挿入したままでいると、秘壺の奥がキュッキュッと収縮して息をしていた。オッパイを舌で刺激すれば、ピコンと乳首は立ってくる。

それと膣の収縮が微妙にマッチして、何度か繰り返していたら、俺の股間が元気になり妹の秘壺の動きも強くなってきた。今度は妹を後ろから挿入して抜き差しをすれば、さっき往ったからか反応は早く、早々に善がり泣き始めた。

俺は、直ぐには射精に至らず、妹が興奮する姿をみて興奮させて、激しく抜き差ししてようやく射精感が近づいたころには、妹は何度か往ったのか、声をあげてるだけで、射精して精液を絞り出して身体を離したら、息を乱してグッタリしてた。


それから少し眠ってしまい、目が覚めたら夜明け前くらい。明日から、またしばらく妹の身体を抱けなくなると思うと、我慢できなくなって、寝てる妹の身体を求めて行為に及んだ。流石に何度か射精してるので、今朝はなかなか射精感がなく、時間がかかったが、ようやく射精できるまでに妹は何度か快感を得ることが出来たようで終わった。

あとは、汗だくで「凄い、オニイこんなに、まだできるんだ。もう私は・・・義姉さんともこんなに?」「バカヤロー、そんなにできるか。ひさしぶりのお前の身体だからできた、それと・・・・またいつお前を抱けるか判らないからさ」

「あら、嬉しい。私もこんなになるほど抱いてもらってないから、・・・これから先、オニイに抱かれることは無いかも知れないから、もしまた機会ができたら抱いてくれる?」といって俺に抱き着いてきた。「勿論さ、俺はいつでも待ってる。お前を抱ける時を・・」と言って妹にキスをしてオッパイを弄ってるとまた股間が甦り、再び交わり始めた。


妹は昼前に帰って行った。久しぶりに妹の身体を味わって、今まで忘れていた一物への刺激をもらい、忘れられない交わりができた。これからいつまで妹の身体を抱けるか判らないけど、早くもう一度抱ける日がくることを望んでいる。 

 

 

1コ上の姉はトロトロ 中1から

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=1634#res

1. 姉はトロトロ  投稿者:色魔 投稿日:2015/12/27(Sun) 14:48 No.1634   

小学校の頃から親の隠したエロ本をコッソリと見ていた当方は、早くから女体に興味を持っていて、自慰も小3からやっていました。精通はないがオルガは感じていました。

中学1年の終わり頃、1つ上の姉と親のいない留守に、2人でエロ本を見ていて、姉の股間に手を差し込んで見ると、姉が抵抗もしないので、下腹部を触っていると、姉が「もっと下で」と言いました。嫌がる処か性器の場所を教えてくれたのです。

下着を脱いで股を大きく開いて、全てを見せてくれました。ピンクの割れ目の膣の辺りに、透明な液と白い液が混ざって、流れる程溜まっていました。姉が膣に指を差し込んで中をまさぐる事を教えてくれて、当方は激しく興奮しながら、トロトロの膣の中をまさぐるのでした。
 

その様な行為をチャンスがあるごとにやっていました。お互いに下半身下着を脱いで、性器をまさぐりあう様になり、学校から帰ると直ぐに親が帰る間際まで、性器をまさぐり合う毎日でした。

その後精通が有って姉の性器をオモチャのように、指や器具射し込んだりしながら、精子を出して貰っていました。高校の頃にはエロ本で勉強してセックス以外は何でもしていました。

親が家にいる時には「散歩に行く」と言って、裏山でやったりしました。夜中に寝ている姉の性器に指を差し込んだりしてしましたが、姉も凄い濡れ様で手がベトベトなり、ヒクンヒクンと指を締め付けるのでした。


そうそう、コッソリと親にバレないように股に潜り込んで、朝方まで性器を舐めた事も有ります。栗をチュウチュウと吸いたててやると、腰を浮かせながら絶頂を感じていました。そんな時には布団にまで、愛液が流れてシミが付いていました。勉強どころではなかったですね。

当方の指からいつもマンコ臭がしていました。姉とのイヤらしい行為のことしか、頭に無かったように思います。最高の思い出です。


卒業後全く関係が無くなっていましたが、お互いに結婚して数年した時、引っ越しの手伝いで姉を遠方まで送る事になり、途中でラブホに入って関係しました。この時からセックスをするようになり、月に1回は必ず関係しています。4~5時間はお互いの身体を責め合い楽しみます。
  夫には見せないような恥ずかしい行為までしてくれます。色々な器具で責められたり、自ら器具で何度も性器を責めて狂って見せます。精子も綺麗に飲み込み、小便も全身で受けて喜ぶ淫乱な姉。当方とのセックス程良いものは無いと言います。

0 件のコメント: