人気の投稿

2017年8月15日火曜日

お兄ちゃんが好きなの(近親相姦告白掲示板(女性))


近親相姦告白掲示板(女性)

 

 

日記を読まれて弟にパイズリ

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_2/index.cgi?mode=thr&no=26473

1. 弟にパイズリ  投稿者: 投稿日:2016/06/20(Mon) 13:58 No.26473   

私、挟めないからパイズリとは言わない気もしますけど。。。…話しますね。大学1年生の時、帰宅したら、当時中2の弟が私の部屋にいたんですが、弟のかっこうを見てドキッとしました。弟は下半身裸で、ひとりエッチしてたようなんです。。。真面目で大人しい弟が私の部屋でそんなことをしていたことにビックリでしたが、もっとショックだったのは、弟の前に広げられていたのが、高校の時につけていた日記を兼ねた手帳だったことです。

それには、私が彼としたエッチのこと、彼にしてあげたことが色々と書いてあって、他人に、まして弟に読ませられるようなものじゃなかったから、すごく恥ずかしかったです。。。顔が内側から熱くなるような感じがあったのを、よく覚えています。

とりあえず、広げられた日記を回収して、弟にパンツとズボンを穿かせた後、「人の日記を勝手に読まないで」って叱りました。それに対して弟は平謝りで、「もうしないから許して」と、本当に悪く思っているような感じだったので、少し私も落ち着いてきて、「なんで日記なんか読んでいたのか」と聞きました。

 

すると、弟は、その日(曜日)は私がサークルがある日で、「こんなに早く帰ってくると思っていなかったから」というようなことを言いました。なんか聞いてることと違うって思って、「日記なんか読んで楽しかったの?」って聞いたら、すごく小さな声で「…楽しいっていうか、…気持ちいい」などと言いました。

自分の文章を読んで、弟がひとりエッチしていたということを再認識して、急にまた恥ずかしくなり、その恥ずかしさをどうにかしたくて、弟を散々叱りつけてしまいました。そうしているうちに弟が涙目になってしまったので、私の怒りに変わった恥ずかしさも収まり、(ただ怒ってばかりじゃなくて、弟に同じことを繰り返させないようにしないといけない。再発防止のためにどうすればいいか)と思って、色々と尋ねてみたんです。

すると、衝撃的な事実が次々と判明しました。。。弟は小6でひとりエッチをするようになり、中1のある時、私と一緒にお風呂に入り私のおっぱいを触るという夢を見て以降、私のことをエッチな目で見るようになったとのこと。。。

 
そして、私の下着を触ったり、私が映った写真を見たりしながらひとりエッチをするようになり、しばしば私の部屋に入るようになったとのこと。。。そのうち、私の日記を見つけ、それを読みながら私が彼とエッチしているのを想像して、ひとりエッチをしたとのこと。。。弟がぼそぼそと言ったことをまとめると以上のような感じになるわけですが。

初めの方にも書いた通り、真面目な弟がひとりエッチをしていること自体驚きなのに、姉である私を想像してしてるという、変態チックな状況にあ然としてしまいました。恋愛感情のようなものはなく、身近にいる年が近い女性が私しかいないなので、私に目が行ってしまうだけ(弟の中学は男子校でした)、ということを聞いて、少しは安心しましたが、いずれにしても健全じゃない、どうにかしないと、って思いました。

エッチなビデオを見れば私への関心が薄れるかと思って、「AV見たことないでしょ? 借りてきてあげようか?」と尋ねれば、友達が貸してくれて何本か見たことある、というので、解決にならなそうでした。それで「どうしたら、こんなことしなくてすむようになるかな」って私が言って、しばらく沈黙だった後、弟が突然、とんでもないことを言い出したのです。

 
日記を指さし、「ここに書いてあることを一度してもらえたら、もうしなくてすむ気がする」と言うのです。書いてあることというのはセックスのことだと思い、「兄弟でそんなことできる訳ないでしょ」って言いましたが、弟は、「エッチをしてと言ってるんじゃない」と言います。

そして、弟は日記を手に取りページを開き、「ここに書いてあることをしてもらえば、二度と部屋に入ったりしないですむ気がする」と言うのです。そのページに書いてあったのは、私が彼にパイズリをしてあげたってことなんです。。。 アレの日で、エッチができないときに、彼にエッチを求められ、口でしてあげようとしたら、彼におっぱいで挟むようお願いされたのです。

挟めるほどの大きさじゃないけど、横になって谷間をつくって、彼のおちんちんを挟んであげた。彼は「気持ちいい」と言うけどイケなくて、結局最後は口で出させてあげた。…っていうようなことがそこに書いてあったんです。。。

 
エッチも当然できないけど、(パイズリだって弟にできるわけなんかない)と思って、私は拒否しましたが、弟は先ほどの平謝り・涙目の時とは打って変わって積極的です。その弟を見て、私はすごく困ったのです。以前のことですが、散々私のこと「好きだ好きだ」と押してくるので付き合ってエッチしたけど、その後、急に冷めた男がいたので、弟が言うのもあながち間違っていないかもと思うところがあったのです。

私のおっぱいを触る夢を見たというけど、一度、触らせてあげれば冷めるかも、手に触るのもおちんちんに触るのも大差ないや、そんな風に感じ始めたんです。また弟は大人しいけど、一度何かを言い出すと聞かない、頑固なところもあったので、弟の案を受け入れるしかないかな、ってことでとうとう私が折れました。。。

ブラウスのボタンを取り始めると、弟の視線が痛いほど感じられ、恥ずかしかったので後ろを向かせました。あと部屋の明かりを消したのですが、6月の午後4時頃だったので、あまり明るさは変わりませんでした。

 
服を脱ぎ終えてから、弟にも下を脱ぐよう促しました。弟は緊張していたのか、少し震えていました。おちんちん見るとすごかったです。。。大きさは今まで見てきた彼と同じくらいだったけど、角度がすごかったです。おへそにくっつきそうな感じだったし、既に透明の液がたらーっと垂れているんです。

「書いた通り、しっかり挟めないからね?」というような前置きした上で、ベッドに横になり、弟に来させました。まず弟は私の隣に横たわり、それから下半身を私のおっぱいに近付けていったんですが、おちんちんがお腹に当たった時「硬っ!」って思いました。

体勢作りに手間取りつつ、ようやくおちんちんが胸元に来たところで、私はおっぱいを寄せて、おちんちんを挟むようにしました。挟んでいるとは言い難かったと思いますが、一応挟む形になったところで、弟がゆっくり腰を動かし始めました。


「どう?」って聞くと、「めちゃくちゃいい」と言ってました。そして「触っていい?」と言うので、「いいよ」と返したところ、いったんおちんちんを胸元から離し、右手でおっぱいを触りました。手のひら全体でぷにゅぷにゅって揉んだかと思うと、突然、「あっ!」と声を上げ、手で私の背中を押さえておちんちんを再びおっぱいに擦りつけました。

その瞬間、弟はイッてしまいました。前にも後にも、あの時の弟ほど、早くイッちゃった人はいなかったし、大量のザーメンを出した人もいなかったです。。。 ティッシュでおっぱいと顔と布団に飛んだザーメンを拭っている時、私、弟に何やってるんだろ、って思いましたが、弟に、「満足した? もう部屋に入って、変なことしちゃダメだよ」ってことを言いました。

弟はとても素直に「もうしない、大丈夫」というような返答だったので、これで良かった、ってその時は安心しました。

 

 

車中で浮気している所を息子に見られて

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_2/index.cgi?mode=thr&no=26497

1. 見られてしまったんです  投稿者:やまの 投稿日:2016/06/21(Tue) 14:18 No.26497   

 私、44歳、会計事務の仕事をしています。会計事務所は、年度末が一番忙しい時期なんです。その日も遅くなり、10時近くになり、他の方たちも帰り、私が一番遅くなりました。所長が「山野さん、遅くなってしまったので送りますよ」と言ってくださり、「すみませんお願いします」 今日は一緒に帰りた帰りたかったんです。

送ってもらう時は、必ず私の自宅近くの公園の脇の駐車場に止めて、2人の時間を過ごします。そこは大きな木が有り、夜はほとんど人を見かけません。後部座席に移り私を抱きしめ、「今日は朝から早くここに来たかった」 キスをしながらブラウスのボタンを外されインナーの上からブラジャー越に乳房を揉まれます。

今日は凄く敏感に感じ、下の方が変に反応して、口を塞がれながら「ム―ウああウー」 乳首を吸われ、舌で転がされ、何時ものようにスカートの中を手が徘徊します。


お尻の方からパンストの中に。「今日のパンティーを早く見たいな、あれっもう濡れているみたいね」 所長意地悪なんです。私を立たせスカートの中に顔を入れ、パンストとショーツを一緒に脱がせ、それを手に取って、5メートルほど先の街灯にかざします。

「ワ~凄いよ、濡れて光っているよ。今日はいつもより感じているんじゃない、奥様」 ズボンを下げ、私は助手席の背もたれにしがみつき、もう十分に準備できた所長に私腰を降ろします。私だって十分染み出ている潤滑汁の中に、「ああぁあーいいわんん、ああっ当たるの。所長のいいわ、素敵よ。早く欲しかったの」

意識しなくても勝手にお尻が上下に左右に。「凄いよ。そんなに動くと終わちゃうよ。締まるよ、ああ締まる危ない」 私も「いいわ、いいわ。今日はお外にお願い」 私の中で暴れん坊が膨らんだような感じが。私急いで腰を上げ、テッシュをそれに被せます。2人とも鼓動が聞こえるくらいの興奮状態に。そして抱き合い激しいキスを。
 

なんとこれを二十歳になる息子に見られてしまったんです。家から歩いて10分くらいの所にコンビニが有り、そこで買い物をして公園を横切り出たところに車が止まっていて、2人がキスをしている所だったんで、興味があるので見ていると、キスをしながら脱がされて胸を吸われて、車の外まで女の人の喘ぎ声が聞こえ、キスの時は見えなかった女の人の顔が、街灯の光でよく見えたそうです。

それはもう吃驚、お母さんが浮気していると、息子も、所長が射精して腰をがくがくしている時、息子も放ってしまったそうです。後があるんですが長くなりましたので、後日書かせてもらいます。 

 

    旦那はどうしたんですか?

3  武蔵 - 2016/06/22(Wed) 08:39 No.26517 

 

  主人は、3年ほど前から単身赴任なんです

5  やまの - 2016/06/23(Thu) 15:15 No.26542 

  最初のうちは、月に2回ほど、その内月1になり、3か月に1回、それが年に3回なりました。帰ってくれば、夜の相手はしてくれます。

そんな事になり、会社の所長と密になり、それが息子の知るところとなってしまったんです。

  あの日は、体が火照って、すぐシャワーで鎮め部屋に戻る途中で携帯が鳴っていて、出ると所長からで、「眠れなくて、もう一度声が聞きたくなってね、今どんな格好しているの、裸かな?」 

 
見られているようで「私今シャワーしてバスタオルだけです。体が火照って。だってここに所長のあれが入っているようで、また変になっているの。さっきテッシュに沢山出したでしょ。あれを今広げて舐めているの。ああ美味しわ。私のも流れてきたようなの。早く舐めてー」「山野さんの出ている所スマホで撮って送って。早く見たいよ」  

凄く恥ずかしい事になって「こんなの撮って残ったら恥ずかしいわ。でも撮ってみる。所長のも見たいわ」 息子は携帯が鳴っているのになかなか母さんが出ないので、出てやろうかと思っていた時、母さんが話し出したので、急いでスマホを持ってドアの前に。話し声がよく聞けたそうです。それをスマホで録音したんです。

 

  「母さん夕べ車の中で所長とやっていたでしょう」

翌日夕飯の時、テーブルの上に息子のスマホが置いてあって、「母さんこれ聞いてみる? 凄くいいものが聞けるよ」 なんだろうと思って「何かしらねいいものって、聞かせて早く」 なんともう吃驚、私の声なんです。夜所長と話していた、まだここに所長のあれが入っているようなとかが全部取られていて。

もっと吃驚したのは、「母さん夕べ車の中で所長とやっていたでしょう。全部見ていたんだよ。所長の上に後ろ向きで乗っかって、最後は、所長のを口に咥えて凄い事やっていたよね」 私認めたんです。お父さんには絶対言わないでほしいと。

その時から息子との秘事が。若い欲望が私の中で弾け、テクニシャンの人とはまた違う、荒々しく歓喜に狂わんばかりに昇らせてくれます。所長いわく「最近、山野さんなんか肌がしっとりと言うか、張りがあるし、ここの濡れ方もいいよね、何かやっているの?」なんて言っているんです。

 

  事務所内で所長に後ろから嵌められました

9  やまの - 2016/07/03(Sun) 16:18 No.26622 

  一度だけ事務所内で所長とあります、4月21日でした。この頃になると、忙しさも一段落し、交代で休暇を取るんです。この日は、女性2人と、男性2人が休暇だったんです。当日の朝になって、今日出る予定の女性が、月のあれが来てしまい、休ませて欲しいと言ってきたんです。

そうすると、事務所には、所長と、もう1人の男性。この方は、顧客回りで外出するので、私と所長だけなんです。午前10時頃、「○○商事のファイルを持ってきて欲しい」と言ってきたんです。「応接室に居るのですぐにお願いします」と事でしたので、ファイルを抱えて応接室に入りました。

テーブルの上には他の会社の書類も並べられ、忙しそうなのですぐ出ようとすると、「ちょっと掛けて待って下さい」と言われ、ソファーに掛けました。私たち女性の制服は、去年新しくしたんです。業者がカタログや見本を持って来て下さり、色々検討して、若い方たちの意見を取り入れ、ベージュ系の明るい、ベスト、スカート、白のブラウスの3点セットなんです。


スカートは、これも若い人たちの希望で少しミニ丈です。ですから、応接室のソファーに掛けると、膝裏から太腿の奥の微妙な所まで見えていると思います。この時も所長は、書類を持って私の方を見ていました。私隠しません。寧ろ少し深く掛けるようにしたんです。

所長は立って私の後に回って、両肩に手を置き、そのままゆっくり下に。ベストの中に手を入れ、ブラウスの上から乳房を揉むようにしながら、ベストのボタン、ブラウスのボタンを外したんです。前が開かれ、ブラジャーのストラップを肩から下げられ、上半身はほぼ裸状態にされました。

舌でうなじや耳たぶを愛撫され、乳首を指で挟んだり。私、スカートの奥が何かを欲して、疼き。でもこんな所で。所長は私の手を取り、ソファーの後ろに立たせ、両手を背もたれに掴らせ、スカートを一気に腰の上まで捲り上げ、パンストとショーツを一緒に下しました。
 

足を開かせ、お尻を突き出すような格好にされ、私の手を所長のズボンの前に。もう硬くなっているんです。私の後ろで膝をつき、後ろからあそこに舌を這わせそこに差し込み、すーと引き、硬いものが私の中に入ってきたんです。

奥まで、当たる所までも。何回も何回もお尻に当たる音と、私の喘ぎが。手で支えていられなく、顔を背もたれに預け快楽に没頭。「ああもう駄目だよ、山野さんいい」「中駄目なんです。ワーあああぁーお外にー」

ほんと凄かったんですよ。多分午後2時頃まで、あそこに所長のあれが入っているようで、トイレで指を、所長の代わりに……

 

 

お兄ちゃんが好きなの

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_2/index.cgi?mode=thr&no=26616#res

1. 兄との関係  投稿者:春奈 投稿日:2016/07/02(Sat) 16:45 No.26616   

私はこの3月に二十歳になり、短大を卒業して新人のOLをしています。私には彼がいて、その彼は兄の優也さんです。高校2年の頃までは「お兄ちゃん」と呼んでいたのですが、その頃にはすっかりと兄との男女関係がありましたので、いつしか「優也さん」と呼び始めていました。

中学3年生の秋、当時は家を出て大学生だった優也さんの誕生日に、私はプレゼントと共に手紙を書きました。その内容は、誰がどう読んでもラブレターの内容でした。大好きなお兄ちゃんに対して、私は自分の気持ちを正直に手紙で伝えていました。

その手紙を読んでくれた優也さんは、「春奈には高校受験があるから、合格したら望みを叶えてあげるよ」と優しい言葉をくれたのでした。高校受験をして、卒業式があって、そのあとすぐに15回目の誕生日を迎えた私を、優也さんは呼び出してくれました。


優也さんの住む街まで出掛け、合格のお祝いと共に、その日は優也さんの部屋で2人だけの時間を過ごしました。そして・・・大好きだった優也さんに私の初めてを捧げることが出来て、抱かれました。私と優也さんの兄と妹の秘密の関係が始まったのです。

高校に入学すると、私の千鳥格子の制服のプリーツスカートが「よく似合うよ」と褒めてくれました。時間がある時には優也さんと密かに会って、学校帰りにも離れた街でデートを重ねました。平気で堂々と手を繋いで歩いたり、本当に恋人気分で楽しい時間でした。

人のいないところでキスをしたり、プリクラでもそんな画像を撮ったり、優也さんに連れられたホテルのベッドでは、裸のまま背後から抱き締められながら、ツーショットを撮ったり、意地悪な優也さんはコンドームの袋を私に咥えさせて撮ったり、キスマークを胸のふくらみにつけられた時には、学校での体育の着替えでドキドキしながらこっそりと着替えたり、優也さんがいればそれだけでいい、という時間を楽しく過ごしていきました。


高校に入ってからはセックスに関するいろんなことを優也さんから学び、フェラも上手くなったと褒めてもらい、私の口で優也さんが果てる時には本当に嬉しい気分になりました。「飲んでごらん」と言われて初めて飲み込んだのも1年生の時でした。

通学の電車で痴漢に遭った時には、どうすることもできなかった私は、優也さんの胸の中で涙を流しました。優しくいたわってくれる優也さんが、これほど愛しく感じたことはありませんでした。

一度開発された女の体は、奥行きを求めていきました。優也さんと結ばれて、これが女の頂点なんだ、今の私はイッたんだ・・・という感覚を得たのも1年生の秋でした。


2年生の夏前に、私の生理が遅れたことがありました。しっかりと避妊を心掛け、生でも出す時には必ず外に出してくれていたのですが、遅れていることも優也さんには告げ、戸惑っていましたが、まだ不順気味だったのか、やがて来た生理には安ど感を覚えていました。それ以来、私は優也さん一筋で、ほかの男性は知りません。

社会人となって会う時間も限られ、5月病といわれる時期もなんとか乗り越えて、今も優也さんとは男女として、恋人同士として付き合っています。こんなお話で、ご免なさい。

0 件のコメント: