人気の投稿

2017年8月21日月曜日

褌を締めてお相撲をしています(レズビアン体験告白掲示板)


レズビアン体験告白掲示板

過去ログ 1ページ

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b26/index.cgi

 

 

貝合わせをすると、白目を向いてイキまくる

[387] 姉と妹 投稿者:なみ 投稿日:2010/02/07(Sun) 09:12

  私達は近所でも評判の仲良し姉妹です。あれは私が中1の冬休みでした。家族旅行で温泉に行きました。夜中に姉と温泉に入りに行くと、露天風呂の岩影から「くっぅ」「あっっっ」と声が聞こえてきました。私達はそっと覗きに行くと女の人同士キスをしていました。そのうちに、1人の人が下半身に顔を埋めて私達にもぺちゃぺちゃと音が聞こえるくらい舐め始めました。私は見ているうちにジュンと濡れてくるのが判りました。

  その2人が出て言った後、ボーとしている姉の胸に触ると、姉の体がビクッとなったのをきっかけに、姉のオマンコを触るとびちょびちょに濡れていました。私は、姉が抵抗しないのでそのままお風呂の縁に座らせてクリを舐め回しました。すでに先輩とレズ関係にあった私は先輩に教わっていました。

  オマンコを優しく舐めたり、クリを舐めたり吸ったりを繰り返していると、姉はピクピクしながらイキました。その恥ずかしそうにいく様子が可愛くて湯船の中でもずっと胸を触っていました。姉の手を私のオマンコに導いて「私がしたみたいに触って」って頼むとたどたどしく触ってきました。人が入ってきたのでそこではそれまで。


  部屋に入ると両親はすでに寝ていました。姉の布団に潜り込み、オマンコを触るとまだ濡れていました。「まだイキたい?」って聞くとコクッとうなずき、私のオマンコに手を伸ばしてきました。両親が隣で寝ているのでドキドキしながら触りッコしました。

  その日以来私達の関係は続いています。昨日は姉にリモコン式のバイブを着けたまま、2人で買い物に行きました。我慢できなくなった姉の顔がたまりません。昨日はご褒美に姉の好きな貝合わせをしながら、逝かせてあげました。

  今日は姉はリモコン式バイブを入れたまま両親と朝食を食べさせました。今は母とノーパンノーブラで買い物にいっています。今日のご褒美はロータをあそこに入れたまま、貝合わせをすることです。これをすると姉は白目を向いてイキまくります。今日はオッパイ用の吸い付くオモチャを買ったので、これをしたまま貝合わせしようと思っています。

 

 

ベロピアスが当たって凄い気持ち良かった

[411] レズだった  投稿者:わたし  投稿日:2010/03/12(Fri) 21:37

  姫の19歳で今彼氏が居るのですが、今の彼氏の前までは3人の女の子と付き合っていました。つまりレズだったの。初めてヤッた男の子にヤり逃げされてちょっぴり傷付いちゃったので、「もう男は嫌っ!」とか思っていたのね。ヤッた女の子は今までで計7人。ちゃんと彼女だったのは3人で、後は酔った勢いだったけど……。

  女の子とヤルのって凄い気持ち良いんだー。だって同性だから気持ちよい所も判ってるし、なんか軟らかくて……。女の子のおっぱいとか大好きっ☆ 絶対女の子の方が顔も、声も、アソコも可愛いと思う。

  姫は半年位前にベロピアスを開けたのですが、此れは元彼女の影響。舐める時にピアスが当たって凄い気持ち良かったから、次の彼女にも同じ様に感じて欲しかったの。ベロを入れる時に、ピアスがグリグリって色んな所を刺激して、軟らかいのと硬いのがいっぺんに当たるから凄い気持ちよいんだよー。

  今の彼氏も姫のベロピアス大好きだよー。やっぱり舐めてる時にピアスが当たると、男の子も気持ち良いんだって。

 
  一度彼のお家で、姫の女友達を引き連れて飲んだ事があって。彼と女の子とで3Pしちゃいました。姫は彼の事なんかちょっと忘れちゃって、女の子をヤりまくっちゃいました☆ 指なんか3本入れてグッチャクチャに掻き回して、嘗め回しちゃいました。

  彼女は女の子との経験なんか全くなくて、でも次の日に聞いたら「男の子とヤるのと女の子とヤるのと、どっちが好きかワカンナクなっちゃったー」 なんて云われてちょっと嬉しかった♪ 姫は凄い女の子っぽいので、男の子っぽい女の子に好かれる事ばかっかりでした。

  今の大親友は元彼女なんだけど、彼女とは別れた後でもエッチしてました。1回なんか、メッセンジャーで彼女と話してて、2人ともすっごいエッチな気分になっちゃって。そしたら彼女が「今から行くからっ!」って、姫の寮まで車で迎えに来てくれて、速攻で彼女の家まで行ってエッチしました。

  彼女は、姫にペニスバンドを使ってくれて。彼女が動く度に彼女の大きいおっぱいが当たるし、指より全然大きくて長いから奥まで当たるし。凄い感じちゃいました♪

 

 

クリにクリを押し付けてイッてしまいました

[435] 学校のトイレで…  投稿者:小枝子 投稿日:2010/04/23(Fri) 13:57

  私には彼女がいます。彼女(奈菜)はサラサラのショートヘアで、身長がⅠ50㌢で目がぱっちりしています。スポーツ少女系の奈菜と私は正反対で、周囲には良く女の子らしいと言われてます。私と奈菜が知り合ったのは高2の文化祭の時でした。

  生徒会で忙しく働いていた私に、「ご苦労様☆」と声をかけてくれた奈菜に、私は一目惚れしてしまいました。小さくて華奢で可愛らしい奈菜を、すぐにその場で引き止めて知り合う事に成功しました。そんなある日…私はいけないと思いながらも、奈菜をトイレに連れ込んでしまいました。

  きっかけは、私を見つけた奈菜が嬉しそうに私へ駆け寄って来た事が原因。その姿が可愛くてギュッ…と抱きしめると、奈菜は私の気持ちに気が付かず「久しぶりだねっ☆ 小枝子っ♪」と私に抱き着いてきたんです。もう私は自分を抑えられませんでした。


  奈菜の細くて鍛えた腕を掴むと、トイレの個室へ…「やあっ…何?」と驚いている奈菜に私はいきなりキスしました。奈菜の身体がビクッと反応したのに気が付いて、抵抗されるかと思いましたが、奈菜は怖ず怖ずと私に身体を預けて来ました。「…小枝子?」「シーッ、2人でいることバレちゃうよ」と奈菜の耳元でささやくと、私は奈菜のジャージをゆっくり脱がせました。

  「えっ…!? 本気…なのっ?」と慌てる奈菜に、再びキスすると、ブラジャーをはずして可愛い乳首を口に含みました。「…っ! やあっ…待って困るよ…」 涙目でしかも上目使いで見つめられ、私はもうやめられなくなりました。「…奈菜が悪いんだよ。可愛いから」そう言って私は奈菜のショーツを降ろし、小さいクリを指先で愛撫しました。

  「ああっ…駄目っ…」と小声で訴える奈菜を無視して、私は愛撫の指先を速く動かしました。トイレにグチュグチュといやらしい音が響いて、その音が余計に私を刺激します。「濡れてるじゃん。気持ち良いんでしょ? ほら…」 優しく言いながら私は奈菜の中に指を2本入れてぐちゃぐちゃに掻き混ぜました。


  奈菜は必死に声を出さないようにしてましたが、その表情はかなり辛そうでした。「…奈菜、声出したいんでしょ?」 私は制服のネクタイで奈菜の手首を縛り、口を塞げないようにしました。「大丈夫だよ…この時間は誰も来ないから。」「…部活…行かなきゃ…」「…このままで練習出来るの? 勃起してんじゃん、クリ」「…やあっ!!あぁーっ!」

  私が奈菜のGスポットを激しく愛撫した時、奈菜が大きな喘ぎ声をあげて潮を吹きました。奈菜のジャージは潮で汚れてしまい、奈菜は泣きそうになりながら私に言いました。「どうしよっ…こんなの着ていけないよっ…」「エッチな事してたってバレちゃうもんね。仕方ないな…私のジャージの下貸してあげるから。」

  「…良かっ…たぁ」 私の言葉に安心した奈菜は私に「小枝子優しいね…私、あんたのそういうトコ好きだよ」っと言って、キスしてきました。私は自分のショーツを降ろすと、奈菜のクリにクリを押し付けて、上下にゆっくりと腰を動かしました。奈菜も自ら腰を振って、仕舞いにはお互いのクリでイッてしまいました。


  その後はお互いのオマンコの愛液を舐めて、キスをして奈菜は私の貸したジャージを着て何事もなかったように部活へと行きました。

部活に入っていない私は奈菜の愛液で汚れたジャージを家に持ち帰り、そのジャージを抱きしめてベットでオナニーしてしまいました。

  次の日、奈菜にジャージを返しに行くと、「わざわざ洗ってくれたの?…有難う」とはにかみながらお礼を言われました。「だって…私の所為でもあるから」と言うと、奈菜は微笑んで言ったのでした。「ううん…気持ち良かったから。このままさ…付き合わない?」 もちろん私は即答しました。「そうだね。」

  あれから1年、私たちは今でも続いています。奈菜が部活がない日はどっちかの家でエッチをして、お互いの誕生日には必ずお泊りをします。ただ不安なのは今年高校を卒業する事です。私は女子大、奈菜は共学の大学へ進学する事が決まりました。奈菜が男の子に盗られてしまうのではないかと心配なのです。

 

 

双頭のディルドでイカされた

[426] チャットで知り合った子 投稿者:あおい 投稿日:2010/04/18(Sun) 15:11

  彼氏との関係にうんざりして、気晴らしに始めたチャット。そこで出会った紗枝子という3歳年上となんとなく意気投合して、リアルで会ってみようということになった。

  紗枝子はびっくりするくらい美人で、それなのに彼氏は5年もいないというから更にびっくり。紗枝子は話し上手で趣味も合って、そして私のくだらない愚痴を飽きもせずにずっと聞いてくれた。親友にさえ話せなかった性的な相談にも乗ってくれて、いつしか紗枝子は私にとってかけがえのない存在になっていった。

  紗枝子と出会ってから3ヶ月後くらい。突然、レズビアンだと告白された。びっくりしたけど、世の中にはそういう人だっているし、元々偏見や差別意識も無いので、紗枝子の告白を素直に受け取ることができた。逆に繊細なことなのに素直に話してくれたことが嬉しかった。


  紗枝子には彼氏といえる男性はいないけど、恋人と呼んでる女性が複数いるらしい。でもどの人とも長続きしなくて、今付き合っている人とも、もうそろそろ終わりそうだと悩んでいた。同性同士ならではの悩みとか苦しみは、私には分からないけど、話だけはいつも聞いていた。紗枝子がこうして私を救ってくれたように、私も紗枝子の苦しみを話を聞いて愚痴を吐き出す場となることで、なんとか救ってあげたいと考えたからだった。

  ある時、紗枝子の部屋に招かれてワインを楽しんでいたら、酔った紗枝子が「葵のことを好きになった」と言い出した。理解はあるけど同性愛者じゃないから、私はそういうのはちょっとと遠回しに断ろうとした。でも紗枝子は酷く酔っていて、私をソファに押し倒して無理矢理Dキスをしかけてきた。

  紗枝子のキスは物凄く巧みで、同時に胸も揉まれて、私はあっという間に紗枝子のテクニックに呑み込まれてしまった。「絶対気持ちよくしてあげるから」と言って、紗枝子は私を全裸にして、あちこちに触れたりキスをしたり、そしてアソコも丹念に舐めてくれた。彼氏と別れてからオナニーもしていなかった私の体は、紗枝子のテクニックですっかり溺れきってしまって、沢山喘いで沢山イカされた。

 
  3回くらいイカされたことで、私は疲れ切ってしまって、ソファでぐったりしていたら、紗枝子が奇妙な玩具を持ってきた。それは棒状になっていて、先端が男の人のアレとそっくりの造形をしていた。さえこはそれを自分の中に突っ込むと、ベルトで固定して私の足を開かせた。(註…双頭のディルド?)

  私は身体中が痺れていて、何をされるか分かっていたけど、やめてとは言わなかった。期待していたと思う。期待通りに紗枝子は私の中に棒の片方を突っ込み、お互いに喘ぎながらセックスをしてしまった。

  ソファだと体位が限定されてしまうから、私達は一度イッたあとで、ベッドで再び抱き合った。玩具を外してクリトリスを擦り合わせたり、お互いの性器を舐めあって、沢山愛し合った。それから、今も私は紗枝子と体の関係を含めて同棲している。

 

  レズにはまったという感覚は無い

[Res: 426]  投稿者:あおい 投稿日:2010/04/19(Mon) 19:09

  レズにはまったという感覚は無いです。同性を見ても別に何かを感じることはありませんし、素敵な男性を見たら格好いいなとか思います。紗枝子とも普段は普通に同居生活を続けていますが、求められたら応じています。

  紗枝子に対しては、放っておけないという少し特別な愛情はありますけど、恋愛感情とは全く違いますし、でも友達感覚はもう大きく超えてますし・・・。私自身今の関係や紗枝子に対する気持ちをどう言えばいいのか分かりかねてます。

  ただ紗枝子は、私に対して強い恋愛感情のようなものはあるようです。私が無いといったらそれこそ自殺してしまいそうで、ちょっと怖いですが・・

 

 

コンビニ店で窃盗をみつかり、奴隷状態

[425] 困るわ、もう壊れそう。 投稿者:みよこ 投稿日:2010/04/15(Thu) 04:09

  バイト先で深夜のバイトしてます。国道沿いにあるしょぼいコンビニ店だけど、田舎過ぎで、夜10時以降はお客ぜんぜん来ないの。何で店開けてんのって感じです。学費稼がなきゃなんないし、時給も近所ではましなので続けてました。

  店長が「女1人じゃ危ないから」って、もう1人女の子雇ってくれたんだけど、これが店長の血縁者とかで、年下の癖に生意気な子で、仕事しないしセクハラめいた事ばかり言ったり、やったりするので手を焼いてた。さすがにキレて辞めようと思い。慰謝料代わりに毎日、何品か手をつけてたら、その子に見つかってその日にやられた。

  それから毎日、バイト先で深夜から早朝にかけて、いじくり回されてます。ノーパンでリモコンバイブとか着けられて仕事したり、稀に客が来るとレジ中にもかかわらずスイッチ入ったり、客がいない時はいつ客が来るかわからないのに、休憩室でいじられ続け。


  触りやすいようにっていつもワンピの上に上着だけで、2人しかいない間はアソコをいじられてるか、舐め繰り回されてるかのどっちか。あんまりにも人気がない時には外に連れ出され、暗がりや暗い街頭の下でもされて、いいようにおもちゃにされてます。

  始めはもうこれでもかって言うぐらいイカされ続けだったのですが、1ヶ月前から責め方が変わり、イキそうのになると寸前に止められ、それを延々と繰返され、朝方にはもう半狂乱の状態までに追い詰められます。いくら哀願してもイカせてもらえず、自分でイク事も許さません。

  「向い側の街頭の下で、全裸でオナニーするならいい」と言うのですが、そんなことできる訳がありません。ですから家に帰ってから自分でイクのですが、それが堪らないほどの快感で、自分で自分を壊しそうになるほど没頭して、そのままオナニーで失神みたいな状態に。...。


  私は完全に調教されたメスに成り下がってしまい、おかしくなっています。もう元の身体には戻れないよ。どうしよう。彼女に捨てられたらきっと気が変になるよ。

 

 

褌を締めてお相撲をしています

[491] 剣道仲間とお相撲。。。そして。。。 投稿者:ゆき 投稿日:2010/06/06(Sun) 14:22

  ご近所のマリちゃんとは剣道のお仲間です。お互い旦那がいない昼間は、どちらかの家でお相撲をしています。月に1回はお相撲と柔道をミックスしたルールで、試合をしています。稽古や試合の後はHしています。

  私が175㌢でマリちゃんは172㌢です。剣道は私のほうが強いです。お相撲とお相撲柔道の実力はほぼ互角です。少しマリちゃんのほうが勝ち星は多いかもしれませんが。^^;

  先週、マリちゃんの家でお相撲をしました。お互いフンドシを締めて向かい合います。「はっきょ=い・・・のこった!」で立ち合い、抱き合うようにお互いのフンドシを握り、引き付けあい寄りったり投げを仕掛けたり吊ったり・・・攻防が続きます。

  乳首が触れあい、フンドシが食い込み・・・お相撲って気持ちイイんです。毎回気持ちよさに耐えながらの闘いになります。マリちゃんの吊り寄りに私は寄り切られそうになりました。でも耐えて寄り返そうとしたところを投げられました。完全に負けました。

  お互いに礼をして握手をしました。マリちゃんが「ゴメンね」と言いました。私は「ううん」と首を振りました。そのままキスしながらまたフンドシを引き合いながら胸を擦り合わせ・・・愛し合いました・・・。気持ち良かったのですが、お相撲で負けたのが悔しくて、少し泣いちゃいました・・・。次は勝ちたいです!

0 件のコメント: