人気の投稿

2018年3月14日水曜日

妹に筆卸しして貰った成人式の日(姉妹とのエッチな体験)


姉妹とのエッチな体験

 

 

妹に筆卸しして貰った成人式の日

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2221

1. 妹のハメ撮り動画  投稿者:兄貴 投稿日:2016/10/18(Tue) 12:03 No.2221   

(当時高1)は俺より4つ下って事で、それまでガキ扱いしてきた。ところが夏休みに入った頃、妹が度々俺のビデオカメラ持って出掛けるようになった。で、ある日妹の部屋に入ったらビデオカメラがあったんで、(何撮ってんだろ?)と思って見てみたら、豪華な感じの部屋で、妹が同級生くらいの男数人とピースをしていた。

??と思いながら巻き戻してみると、なんとハメ撮りだった! そこにいた妹は、3人の男のチンポを楽しそうにしゃぶってたり、マンコをドアップで映されたり、次々にまわされて体中に精液をかけられたり。

それを見た俺は、突然の妹のSEXシーンの衝撃と、ガキだと思ってた妹なんかに先を越されたという、焦りのようなもので、手足がガクガクブルブルになった。それからは妹をガキ扱い出来なくなった。それよりも妹に対して、童貞本性丸出しになってしまった。


今までそんな事なかったのに、肩を叩かれただけで心臓がドキドキしてしまうし、妹が俺の部屋にゲームしに入ってくると、オドオドして俺が部屋を出て行ってしまったりと。あの日以来というもの、俺は妹がいない間、よく妹のビデオを見ながらオナニーするようになった。

で、ある日オナった後、妹の部屋にビデオを置いていたら、帰ってきた妹に、「ビデオ見なかった?」と言われた。いつもは見た証拠を残さないよう、一度再生して終わったらその場面に巻き戻すか、早送りをしてたが、その日は忘れてしまったのだ!

「いや、見てないけど」と言ったけど、妹に話しかけられたのとヤバイと思う気持ちから、声が裏返ってしまった。妹は「あっそ」と言って行ってしまったが、多分バレてた。 
  と言うのは、その頃から妹は俺がまだ童貞だという事を察したのか、逆に俺をガキ扱いするようになってきた。(姉が弟を見るような) 10月の俺の誕生日には、「お父さんとお母さんには内緒な」と言ってプレゼントをくれた。なんだろ?と思い開けてみると童貞モノのAVだった。

以前だったらこんなに完全に小バカにされてたら怒ってたが、全然怒りはなかった。それより俺は、全然モテなかったというのと、早く童貞卒業したいという焦りからか、妹に頼んだらさせてくれるかもしれないと、思うようになってしまった。 

それで成人式の日、家に帰るとなぜか、俺の部屋に買った覚えのないエロ本が置いていた。多分妹が成人の祝いで小バカにするつもりで置いてったんだろと思い、エロ本を見始め、そのうちオナニーを始めた。しばらくやってたらいきなり押入れが開き、妹が出てきた。

「あ! ちょっ!」 妹はチンポをさっと数回しごくと俺の前に座った。「お兄ちゃん、ちょっと起きて」 人にオナニー見られた焦りと、軟らかい手でチンポを握られた衝撃で、頭はパニくってたので「あ、ハイ・・・」と情けない声が出てしまった。あとは妹の言うがまま。
正座して座る妹の前にチンポ出したまま座ると、「なあ、お兄ちゃんSEXした事あるん?」「いや・・・」「もう成人式なのにいいん?」「・・・」「今やったら家に誰もおらんし、SEXする?」「・・・」「ん?」 俺、軽く頷く。

「フフッいいよ、ちょっと待ってて」 部屋にコンドームを取りに戻ってくる。「初めてやろ? これつけるからチンポ立てて」 緊張で縮んだチンポを見て、「なんか昔見たのと変わらんな、でもムケたら立つんやろ?」 数秒の間、静寂が続く。

「チンポしごいてよ!」 言われた通りしごこうとするが、手が震えて上手くしごけない。「早く立ててよ」 いきなり俺の左手を掴むと、自分のセーターの中に入れて胸を触らせる。「え? ちょっと震えてんの? ちょっと立って」

妹にチンポをしごかれ、そのうちフェラされる。初めてのフェラの衝撃で「ふう!」と声を出してしまうと、「フフッ、気持ちいい?」と自慢げにフェラテクを披露。すっかり立ったチンポにコンドームをつけてくれた。

妹はパンツを脱ぐと、「私もイイ感じで濡れてきたから、面倒やから服はもう脱がんでいいやろ」と、仰向けになり股を広げて「いいよ、入れて」 妹のビデオで散々見たので、どこに入れるかは分かってたが、いざやろうとするとなかなか入らない。


「あーちょっと待って」と上に跨ると、チンポを摘みながらゆっくりと腰を降ろしてきた。だんだんとチンポが包まれ、肉が絡んでくる。盛んに腰をフリ、イキそうになり、「イキそう」「えぇ? もう? いいよイッて」 そのままイッてしまった。

妹は俺の頭を抱き、「イッた? フフッおめでとう」と言ってくれた。

 

その後は、俺も妹も平静を装うかのように、夜になったら家族揃って成人祝いの外食。妹は、「お兄ちゃんも、今日やっと大人になったお祝いに、お酒どうぞ」と際どい発言しながらお酌してくれた。

で、俺は今25歳なんだけど、女友達は出来ても彼女になるまではいかない。だから経験は妹だけ。その後も、たまに頼んだりするけど「えー」という感じで本番はさせてくれずに手コキだけ。(機嫌がいい時はフェラ)

最近は真剣に付き合ってる相手がいるみたいで、全然してくれない。まあ、妹ももう大人だし、25にもなって彼女出来ない情けない奴と見てるんだろうな・・・。まーこんな感じだ。 

 

 

広い浴室で兄妹は 18歳

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2241#res

1. 広い浴室で兄妹は…  投稿者:兄 投稿日:2016/11/02(Wed) 15:27 No.2241   

「男性レポーターから取材され、『お兄ちゃんと一緒に風呂に入っている』と話しちゃったよ♪ オンエアー(注…放送)されるか分からないけどね()」と、妹が楽しそうに話してきた… 「マジかよっ!」 確かに妹の言った事は事実… 俺は21歳、妹は18歳。だがそれだけではない俺達兄妹の関係は…

俺が中学に上がった頃から家族全員での入浴がなくなったのだが(親父が昔、家を建てる時に、家族みんなでお風呂に入るのが夢だったらしくて、お風呂だけは広い)、妹が中学に上がった時から再び妹とは一緒に入浴する機会が訪れた。

俺は中3…性欲真っ盛りの頃、久し振りに見た妹の裸は少し大人になり胸の膨らみはオッパイと言う言葉が似合う程に成長しつつあり、それはそれは興奮した。


妹も性的な事に興味が合って、直ぐにお互い性行為的な事をする事になった。先ずは、お互いの身体の観察から始まり、互いの構造を詳しく調べ、次に射精についてを色々実践を交えて教えた。妹の処女を貰ったのは俺が高1妹が中2の夏休み…

妹とは約1年の間は、愛撫と手コキ&フェラによる射精…半年過ぎたあたりで精飲も覚え、挿入以外の事はほぼし尽くしていた。両親が仕事で俺達は家に居た。俺の部屋で裸になり抱き合い、69でお互いを気持ち良くしていたその時…

「ねぇお兄ちゃん…私オチンチン挿れてみたいんだけど、ダメかな?」 そう言われて正直俺は(流石にそこまではヤバイだろう)と思う反面、物凄く挿れたい衝動にかられていたのも事実。そんな葛藤をしていると妹が、「私まだ生理始まって無いから、するなら今の内だと思うんだよね()


なんて言うので俺は(そうかっ! 中出ししても心配無いのは今だけかっ!)と思った時には、妹に覆い被さっていた() まだ毛も生えそろわない割れ目に、ギンギンになった肉棒を押し付けて挿入を試みるものの、初めての事で中々上手くいかない… そうして何度か試していた時、それは突然訪れた。

先端がニュルっとカリの部分まで挿ったのを確認したと同時に、物凄い快感が襲ってきた。妹は妹で「あっ!」と声を出し、俺は俺でその衝撃にあっと言う間に性欲を吐き出してしまった…そんな呆気ない初体験をした俺達は、直ぐに発情期の獣の様に暇さえあれば性器を交合わせていた。

ところが1ヵ月程経った頃、妹に生理が訪れ俺達の狂った性生活に歯止めをかけられた形となった… それでも抑えられない性欲を、お互いの身体で吐き捨てるには避妊をするしかなかった。小遣いでコンドームを買って来た。初めてドラッグストアーで購入する時、凄い緊張した…()


初めてのゴム…どんななのか不安と期待が交り、ゴム着きセックスをした。意外にも装着感は無く生挿入と変わらない感覚で、それからもやりまくった() だからゴムは直ぐに無くなり、小遣いの大半はゴム代にと消えて行ったのは言うまでも無い…()

生理が始まってからの妹の身体は見る見ると成長し、高校生になった時には既にDカップほどのオッパイへと成長していた。妹は生理周期をしっかり把握するようになり、安全日には中出しさせてくれる様になった。

妹も俺のを受け止めるのが気分的に快感らしく、「もしこの関係がずっと続くようなら、18歳あたりからピルを飲もうかな」と言っていた。そして妹は18歳になりピルを飲み始め、今では一緒に風呂に入った時は、思いっきり中出しセックスを楽しんでいる。 

 

 

筆卸しはお姉ちゃんで 高2

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2243#res

1. 家を出る姉  投稿者:姉好き 投稿日:2016/11/04(Fri) 14:47 No.2243   

僕は末っ子で姉とは10歳も歳が離れています。兄もいますが独立して1人で暮らしています。姉は昔からすごく僕の事を良くしてくれて面倒を見てくれてました。小さい時から毎日一緒に風呂にも入っていました。

姉が就職してからも姉が帰宅するまで風呂を待っていました。でも僕が小学6年の時に女性の体に興味が出て来て、胸や陰毛は見慣れていましたが、アソコに興味が沸き、一緒に湯船に入っていて姉が出る時に、後ろから股の間を覗き込む行為を繰り返していました。

その事がバレたのか、「そろそろ1人でお風呂入ったら?」と、言われてしまい別々に入る事になりました。


  それから僕が高校生になると、いつしか姉の下着を盗んで、姉を想像してオナニーするようになりました。僕が高校2年の時、夜遅くに玄関で大きな音がして、見に行ってみると姉が泥酔して横たわっていました。(注…姉は26歳か)

姉に肩を貸し何とか2階の姉の部屋まで運ぶと、部屋に入るなり、いきなり僕にキスをしてきたのです。「○○○ありがと?」とか言いながら・・・キスもした事無かった僕はビックリしました。酒の臭いがすごかったけど、キスの感触が良くてフラフラの姉に今度は僕からキスしました。

姉は「ん?っ」と声を出し驚いていたようですがキスし終わると、なぜかクスクス笑っていました。姉はスーツの上着を脱ぎ、僕に渡したのでハンガーにかけました。姉がベッドに腰掛けると、僕も隣に腰掛ました。意識がハッキリしない姉に「大丈夫?」と声をかけましたが返事はありません。


僕はドキドキしながら胸に手を伸ばし軽く触りました。何も反応が無いので、揉んでみると「もーっ」と僕の手を払いのけ、ベッドに倒れ込みました。しばらく様子を見て、また僕は姉の胸を揉みました。もう寝てしまったのか反応は無く、僕は調子に乗ってシャツの上からブラをずらして乳首を触ったり、胸を揉み続けてました。
  しばらくすると、姉がかすかに「・・ん・・・んっ・・・・ん」と声を出し始めたのです。僕はその時(え? 気持ち良いの? 怒ってないの?)って戸惑いました。僕は緊張で手が震えながら、ブラウスのボタンを外していきました。その僕の手に、姉は自分の手を添えていました。

白のブラが見え、外し方の分からない僕はブラを上にずらしました。久しぶりに見る姉の乳房。昔見た時よりすごくHに見えました。僕は夢中で乳首にしゃぶりつき、アダルトビデオで見たように吸ったり舐めたり、唇で噛んだりしていると、乳首がコリコリと硬くなるのが舌先の感触で判りました。  

姉を見ると横を向いたまま、目を閉じています。乳首を吸いながら、僕の右手は自然と姉の股間に・・・スカートの中に手を差し込むと一瞬、ビクッっとしましたが姉が足を開いたので、僕はそのままパンツを触りました。あの部分はすごく熱く、そして軟らかかった。

パンツの中に手を入れると、すぐにモアモアとした柔らかい陰毛に指が触れ、さらに指を伸ばすと「ヌルッ」という感触がありました。(あ・・・濡れてる!) 割れ目に沿って指を動かすとクチュ、クチュ、クチュ・・・と、とてもいやらしい音が聞こえてきて、すごく興奮しました。
 「ん・・んっ・・うっ・・あ・・あん・・」 僕の指の動きに合わせて、姉が声を出し始めて僕の愛撫に感じているのが嬉しく思えて、しばらく乳首を吸いながら、手マンしていました。僕はもう破裂しそうなぐらい勃起していて我慢の限界でした。



姉のパンツを太もも辺りまで降ろした時「ちょっと待って・・」と、姉がパンツを押さえて言った。「やっちゃうの?」「え? だめ?」「・・・。」「もう我慢できないよ・・・」「・・・じゃあ、電気消して」 僕が立ち上がり電気を消してる間に、姉はスカートを脱いでいました。

ベッドに戻ると「初めてだねよ? いいの?」「うん・・・・お姉ちゃんは?」「私、彼氏にフラれちゃったんだよね・・・で、今日やけ酒しちゃって・・・今日だけだよ?」「うん」 そう言うと姉はベッドに仰向けになったので、僕はもう1度パンツを降ろしました。僕もパジャマのズボンとパンツを脱ぎ、姉の両足の間に移動。


部屋は真っ暗ですがコンポの明かりでかろうじて青白く、姉の体が確認できました。無我夢中で勃起したペニスを入れようとすると、姉がペニスを持ち入り口に導いてくれて「いいよ。」 するといとも簡単に「ニュル」と亀頭ぐらいまで入りました。「中で出しちゃダメだよ。」「・・・うんっ」


僕はもう少しでも動けばイッてしまいそうな状態。それでもゆっくりと腰を動かすと5ピストンもしない内に「うっ・・・出そうっ」「ダメ! 抜いてっ」 ペニスを抜いた瞬間、姉の陰毛の上にドピュドピュと射精してしまいました。


姉がティッシュで精液を拭き取りながら「どう? 満足?」「もう1回ダメ?」「今のは早すぎたからねぇ・・・・いいよ。」 そう言うと姉は突然ペニスをパクリと咥えました。すごく気持ち良くて、一瞬で完全に勃起状態に。そしてゆっくりと頭を上下させた後、「あんまりやると、また出ちゃうからね。」 そう言ってフェラチオをやめました。

もっとやってほしかったのですが「下になって。私が上になってあげる。」 僕は姉に言われた通り、仰向けになりました。姉は僕の上に乗ると「あんまり激しくやると、バレちゃうからゆっくりやるね。このベッド、ギシギシうるさいから・・・」


姉はペニスを持つと、ゆっくりと腰を落とし挿入しました。「ぅーん・・・んっ・・んんっ・・イク時は言ってね。」 そう言いながら姉はゆっくりと腰を動かしました。「あ!・・・お姉ちゃん、気持ち良いよぉ」「・・・私も気持ち良いよ・・んっ・・あっ・・あん」 姉は僕の頭の両脇に腕をついてるので、目の前で2つの乳房が揺れていました。

僕はパン食い競争のように、頭を上げ乳首にしゃぶりつきました。姉は僕に抱きつきながら腰を動かし、頬と頬が触れ合いながら、熱い吐息まで感じた。僕は両手で姉の尻に手を添えて、尻の動きにあわせ、姉のすべすべの肌を堪能していました。少し余裕ができてきて、姉の動きに合わせて自分も腰を動かせた。

  するとすぐに絶頂が近づいてきて「あ!・・おねぇちゃん、もうイキそうだよ」「うん。」 姉は少し腰の動きを速めました。ギシ、ギシ、ギシ・・・ベッドの音が少し大きく鳴り出し「あーっ・・・イクっ・・・イクよぉ!」


その瞬間、姉はペニスを引き抜き手でシゴいてくれました。ドピュッ!ドピュ、ピュッ・・・ピッ。姉は僕の腹の精液を拭き取ってくれると「じゃあ、私シャワー行って来るからもう部屋に戻りなよ。」「・・・うん、有難う」「いいえ、どういたしまして。」

  姉はそう言いながら部屋を出て行きました。次の日は別にいつもと変わらない僕達でした。そんな姉も今月結婚して家を出て行きます。

0 件のコメント: