人気の投稿

2018年3月19日月曜日

寝てる姉にイタズラ(姉妹とのエッチな体験)


  姉妹とのエッチな体験

 

 

寝てる姉にイタズラ

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2341

1. 寝てる姉にイタズラ  投稿者:中出し 投稿日:2017/01/04(Wed) 10:07 No.2341   

今から20年以上も前の話です。俺には2歳年上の姉がいます。自分で言うのもなんだけど、姉はオードリーヘップバーン似の美人さんだったです。中学生ともなると当然頭の中には常に「おんな女オンナ!」状態だった訳でして、もっとも身近にいる同年代の異性が姉だったこともあり、チャンスを見計らって胸元やパンツを覗いていました。

中学2年の夏休みのある日、居間で1人姉がクーラーに当たりながら仰向きにグーグー寝ていました。両親とも仕事していたので日中は俺達子供2人しか家にいません。姉の服装は7分袖、Tシャツにデニムのミニスカートでした。

俺は居ても立ってもいられなくなり、こっそり姉の傍らに座って姉の様子を伺いました。目も口も半開きになり、さらに軽くよだれまで垂らして熟睡しているようです。

 

今度はゆっくりと足元の方へ移動し、白く肉付きのいい太腿を眺めながら、コッソリとスカートを摘み上げました。そこには淡い灰色のパンツが露に。女がパンツ穿いているのを直視したのは、生まれて初めてだったので、もうすでにチンコはギンギンに膨れ上がってました。

左足首をそっと触ってみましたが、これといった反応が返ってこなかったので、大胆にも左足首を持ち上げて左足だけ膝立て状態になるように動かしました。そしてできあがった三角形の空間に左側から顔を入れて姉のパンツを20cmの至近距離から直視。

そこにはクロッチの境界部がハッキリと見え、クロッチ脇から2、3本毛が飛び出し、少々穿き込んだ感があるのか左太腿部分がほつれてゴムが飛び出た、正真正銘の生パンツがありました。

 

当時、インターネットなんてなかった時代だったので、中学2年の子供が知り得る知識なんてたかが知れています。これはまさしく、子供では知りえない大人のいやらしい世界なのです。立てた左足を外側に倒し、クロッチにそっと触ってみましたが、これも反応がなかったので親指をクロッチにあてがって上下に動かしてみました。

今度はゴムが飛び出てほつれた部分から、ゆっくり指を入れてみました。指に絡む陰毛の感触にこれまた興奮しました。そしてそのまま指を下へ移動させ、とうとう最後の一線へ到達。その感触は言ってみれば俺のチンポから出てくる先走り汁を指で触ってみたような感じ。オマンコはもの凄くヌルヌルしていました。

エロ本には、オマンコはヌルヌルしているって書いてあったけど、本当だったです。もう夢中になってクロッチ脇から差し入れた指をクチョクチョを上下させて、ヌルヌルの感触を楽しんでいました。オマンコを見たくなったので、クロッチをずらしてオマンコを見ました。

 

初めて直視する女の生殖器です。オマンコはものすごくヌルヌルでテカっていて、オマンコからクロッチに糸を引きてました。気が付きませんでしたが、姉のパンツのクロッチ部分はもうビショビショ状態で、そこだけ淡い灰色から濃い灰色に変わっています。

思わず右手指に絡まった愛液を舐めてみました。薄い食塩水のようなちょっとショッパイ味がしました。その後本当はオマンコに顔を埋めて思いっきり舐めてみたかったのですが、今の体制ではちょっと無理っぽく、しかも姉が目を覚ましてしまう恐れがあったので、諦めます。その代わり何度もオマンコに指を入れては絡まった愛液を舐めました。

姉の顔を覗いてみますが、こちらもさっきと同じで目口半開きです。俺は最高にいきり立ったチンポから先走り汁を指にとり、姉の唇に塗ったりオマンコの中に入れたりしました。まさかこんなことで受精するはずがないのですが、自分の精子が女の中に入ったと思うだけでも射精しそうになります。

 

でも中学2年の興味はこれしきでは尽きません。俺はズボンとパンツを脱ぎ、姉のパンツのクロッチをずらしてオマンコにチンポをあてがいました。どう考えてもセックスなんかしたら目を覚ますに違いないのですが、なぜか姉は起きないという身勝手な解釈を勝手に抱いていたのです。

そして俺は腰をゆっくり突き当てて、オマンコにチンポを入れました。「はぅ!」 初めて姉が声をあげ、激しく体を退け反らしました。それでも、初めての女の感触に夢中になって腰を振りました。まあ中に出さなければ問題ないと思ってましたし、今はこの快楽を味わうのに精一杯だったのです。

精一杯になりすぎていたのでしょうか、チンポを抜くタイミングを逸してしまったのか、思いっきり姉の膣に射精してしまいました。ものすごく気持ちよかったです。エロ本ですらやってなかった中出しセックスをしてしまったのですから、当然です。

 

しかし、その後ものすごく血の気が冷めました。当然ですね、中出ししてしまったのですから妊娠の可能性もあるし、何せ寝込みを襲ってレイプ同然にセックスしてしまったのですから。しかも実の姉にです。俺は半泣きになりながらオマンコから垂れてくる精子をふき取り、パンツのクロッチの裏側も丁寧にふき取り、その場を逃げるように立ち去りました。姉が起きれば絶対気が付く…両親に言われ半殺しにされる…

ビクビクしながら自室で夜を迎えましたが、姉も両親もいたって普通に俺に接してくれます。姉にいたってはごく普通にいつも通りの会話ができました。ひょっとして気が付いていない?! それから俺は何回か姉の寝込みを狙ってエッチないたずらをするようになりました。

いつもは部屋の鍵をかけている姉ですが、たまに扉が半開きになって寝ている時があったのです。その時に部屋に忍び込んで、この間と同じようにいたずらをしました。時にはオマンコにドライバーの柄を入れてみたり、耳掻きを入れてみたり…そしてセックス…

 

姉が高校卒業して就職で家を出るまでの間、多分10回近くこうして姉にいたずらしました。そのうち6、7回は中出ししたと思います。当時俺は、姉が気が付いていないと信じ込んでいたのですが、よくよく考えたらそんなことはあり得ないですよね。熟睡していてオマンコ触る前からヌルヌルになっていたり、中出しまでしているのに…

 

去年、姉にそれとなく20年前のことを尋ねて見たのですが、「あんた、マジで私があんたのスケベに気が付いてなかったと思ってるん? アホちゃう?」とあっけらかんと笑って見せました。ガーン!! 当時から姉は俺のエッチないたずら全部気が付いていたそうです。

「前からあんたがやらしい目で見ていたの知ってたよ。でもまさか寝込み襲うとは思わんかったよ~。まあ姉ちゃんもあんたのこと可愛かったし、あそこで突っぱねてたらあんた、傷つくだけやろ? あの日は大丈夫やったからよかったけど、姉ちゃんあれが始めてやってんで。んで中に出すし、ちょっとは相手の事も考えてあげなアカンやん」

俺は唖然としてたら、「あの後あんた、夜に何回か私の部屋入ってきたやろ? あれは言わば私からのセックスアピールやってん。あんた、まんまと引っ掛かったな! あれ全部大丈夫な日やったから遠慮せんんと中に出したらよかったのに! あははは~」

 

むむ!よくよく当時を思い出してみると、普段は寝巻きで寝ていた姉だか、扉が開いていた日に限って毎回スカート姿で可愛いパンツ穿いて寝ていたような気がする! くそう!してやられたぜ。そんな俺も姉も、今では互いにパートナーも子供もいるいい年したおっさんとおばさんです。 

 

 

バツイチ弟と、出戻り姉と

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2347#res

1. 姉  投稿者:吾郎 投稿日:2017/01/08(Sun) 07:38 No.2347   

姉が離婚して家に戻ってきました。子供が出来なくて虐められ、旦那に浮気されての事みたいです。まだ36歳なのでやり直したいと。家は両親も亡くなり33歳の自分バツイチで、家で1人で住んでいました。

夕飯は姉が作ってくれ2人ともお酒が好きで、その日もお風呂に入り2人で飲んでいたら、姉が先に酔ってしまいその場に寝てしまいました。暖房が利いているのでパジャマ1つでも寒くなく、寝てしまったら姉を見たら、ブラジャーをしていなくくて胸がはだけ、おっぱいも半分見えていました。

ついいたずら心でパジャマを肌蹴て、おっぱいを丸出しにしました。自分好みの85㌢くらいに形がいいおパイです。まだ子供を産んでいないので乳首も綺麗でした。

 

思わずおっぱいを揉んで乳首も摘んで、手触りを楽しんでいたら、姉が自分の手を掴みおっぱいに押し付けたのです。起きていました。「吾郎、もっと揉んで気持ち良い」って言うんです。もう我慢できなくておっぱいに吸い付きました。乳首が硬くなっています。しばらく乳首を吸っていたら姉が起き上がり、唇を合わせてきました。

「吾郎も脱いで」 自分も脱いで裸になり、姉のパジャマとパンテイを脱がしました。2人とも全裸で抱き合い唇をまた合わせました。2人で舌を絡め合っていると姉がチンポを掴んでくれました。自分を立たせると、姉が膝まづきチンポをしゃぶってくれました。片方の手でタマタマを握り、チンポの竿に舌を這わせ、徐々に亀頭までゆっくり舐めるのです。


そして咥えられ舌で舐め回されたら我慢できずに、姉の口で逝ってしまいました。「ああ出る~」と言うと姉が口を離し「私のお口で逝きなさい」と言ってまた咥えてくれました。とうとう姉の口に出してしまったら、姉がそれを飲み込んでくれました。

 

「今度は私のオマンコも舐めて」 ええ! あんなに綺麗で清楚な姉の口から、「オマンコ」なんて言葉が出て来て、また興奮してしまいました。自分が下になり姉が上に乗って、オマンコを自分の顔に乗せてくるんです「上手に舐めてね」 勿論です。すぐに、もうびしょびしょのマンコに吸い付きました。姉もまたチンポをしゃぶってくれてます。

チンポがまた起った時、「凄い、吾郎のオチンポまた起った。」 そう言って向きを変え姉が上になって跨いだら、なんと自分でチンポを後ろ手で握って、そのままオマンコに嵌めてくれました。「ああ、ゴムがない」「大丈夫よ、私は妊娠しない体だから」

凄い、生でとっても気持ちいいんです。マンコもきついんです。さすが2回目なので長持ちして、「ああ、吾郎、姉さんもう逝く」と言った時下から突き上げて、一緒に逝く事が出来ました。姉は自分からチンポを抜くと、舌で綺麗にしてくれました。

 

その日は2人裸で、一緒の布団に入抱き合いながら寝ました。朝起きたら裸の姉がぴったりくっついているんです。もうチンポは起っているんで姉に抱き付くと、正常位で。姉がオマタを開いて唇を合わせてきました。これが1日目デス。 

 

 

出戻りの姉と。両親も諦めた

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2353#res

1. 子持ちのバツイチ姉と愛し合う  投稿者: 投稿日:2017/01/11(Wed) 10:57 No.2353   

姉27歳で3歳になる男の子がいる。実家に戻った姉だが。父親の経営する小さな会社に勤め、僕もそこにいて、去年までは父が代表で、4月からは代表権を持った会長になり、姉が代表執行役員になる。その姉と2年前から体の関係にある。

 実を言えば、姉との関係が両親が知ったらしい。姉から聞いたのだが、両親から呼ばれた姉はいい訳はせずに、「私だってまだ女なの。男性が必要なの。非常識なのは承知なの。私から誘惑したのよ。だから・・・子供は作らないわ、避妊しているのよ。子供がいて再婚は無理でしょう?」


  姉の度胸のよさには驚いた。長い時間がかかったらしい。両親が折れ、姉の言い分を聞き入れたそうだ。

 

  それが去年の夏頃で、それ以来姉とラブホテルへ行くのも、甥っ子は両親に預け、姉とホテルのベッドで求め合い激しく燃え上がる。「あーもっと・・・もっとハメテ・・オマンコがいいの。あーいいわー・・・オマンコが溶けそう」


姉から名前で呼んで欲しいと言われ「洋美・・愛してるよ。いいオマンコだよ」「あなた・・もっとオマンコ・・オマンコ・・もっとハメテ・・・・メチャメチャにハメテ」 姉と体の相性がいいのか、オマンコに入れると抜かせない。

精液が出た後は姉が強く抱きつき、オマンコも締まり咥えられているような、すごく気持ちいい。3回位は求めてくる。一度が長くゆくり時間を掛けて、体中を舐めたりもする。内股から背中を舐め上げ、ノケゾリ喘ぎ悶える姉。

オマンコもパイパンにして、よく舐めさせてもくれる、舌でゆっくり舐め上げるのが最高にいいそうだ、愛液も吸っているし、熟したパイパンオマンコになってる。 

0 件のコメント: