人気の投稿

2018年3月22日木曜日

妹に下半身の世話になっています(姉妹とのエッチな体験)


  姉妹とのエッチな体験

 

 

姉「今すぐにでもセックスしたいけど、あんたはどう?」

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2386#res

1. アブノーマル  投稿者:姉のエッチの相手 投稿日:2017/01/23(Mon) 12:28 No.2386   

俺も軽いアスペだけど、姉ちゃんは俺よりも程度が重くて、ちょっと双極性障害(いわゆる躁鬱)も入ってる。だから新しい人と親密な関係を築くのが難しい。外見が良いから常に男は寄ってくるんだけど、自分の関心のないことは全くしようとしなくて、相手に合わせるということをしないから、付き合ってもすぐ別れてた。

それでも本人は別に気にしてなかったんだけど、姉ちゃんが25歳ぐらいの時に、急にセックスのスイッチが入ったらしい。でも女ばかりの職場で出会いがないし、仮に出会いがあっても付き合うと言う事が面倒くさい。とりあえず、生理的にやれる男は誰か? と考えていったら、太ってなくてブサイクじゃなければやれるけど、知り合いの男はほぼ友達の彼氏とかだから無理。

じゃあリスクはあるけど、ネットや街でのナンパを相手にするか? と考えた時に、(弟がいるじゃないか!)と思ったらしい。俺は中学生の頃に、姉ちゃんに下着を盗んで見つかったことがあるし、姉ちゃんが昼寝してる時にちょっと体を触ったこもある。高校の時には姉ちゃんをレイプする妄想で、オナニーしたこともある。



外で女と付き合えるようになってからは、そういうことをしなくなったけど、抱けるか抱けないかで言えばじゅうぶん抱ける。そんでまあ、相談されて、「今すぐにでもセックスしたいけど、相手を探すのも大変だから、あんたはどう?」と単刀直入に誘われた。そんなこと急に言われて困ったけど、姉ちゃんが服を脱いで抱きついてきたら、体は正直なもので俺も勃起して、昔は性的な目で見てた時もあったし、その気になって姉ちゃんとセックスした。

最初は自宅、時々ラブホに行ってたけど、家だとやっぱり親にバレないようにするのは大変だし、ラブホも毎回だと金が掛かる上にちょっと遠いので、家の近くに小さい部屋を借りた。駅からそこそこ遠くて、線路の傍だから家賃は安いし、多少うるさくしても聞こえないからちょうど良かった。

姉ちゃんは芸能人で言うとマスカッツに出てる、吉沢あきほ? という人にちょっと似ていて、きりっとした美人。背も高いし胸もEカップ寄りのDカップぐらいある。


  自宅でやってた時はスッピンで、スッピンでも悪くないんだけど、部屋を借りてからはOL的な化粧をしてもらうと超燃えた。イメクラ的な物って男の趣味だと思ってたけど、姉ちゃんもそういう妄想が好きで、ヤリ部屋にはベッドと簡易冷蔵庫の他に、どこから手に入れたのか、学校で使う机と椅子があった。


俺はお姉さん系のメイクや服が好きだし、似合うと思うんだけど、姉ちゃんはセーラー服と耳の下で髪を二つ結びにして、『先生や先輩にレイプされる中学生』という設定が好きだった。はっきり言って違和感ありまくりだった。あと、伸縮するつっかえ棒を使って、電車のつり革のようなものも再現していて、それで痴漢にレイプされるという設定のプレイも時々やってた。

姉ちゃんは性欲スイッチが入ってから、携帯でエロ漫画とA∨を見るようになって、「こういう事をされたい!」って悶々としてたらしい。エロ漫画だとレイプはほぼ常に中出しだし。実際の事件では犯人が証拠を残さないために、ゴムを付けるかもしれないけど、イメージ的にはそんな冷静なレイプ犯ではなくて、乱暴な男に無理矢理犯されるプレイをしたいから、最後は「中に出して」と言われた。


もちろんピルは飲んで避妊はしていたけど、最初に生でやった時は緊張して、メッチャ気持ち良いのになかなか出なかった。それでも段々中出しにもイメージプレイにも慣れてきて、「お願い、中はダメ」と哀願する姉を押さえつけて、「オマンコに俺の精液をいっぱい注いでやるからな!」と言って中出しするのは興奮した。 

 

 

妹に下半身の世話になっています

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2394#res

1. 妹に、下半身の世話  投稿者:35歳 投稿日:2017/01/30(Mon) 09:53 No.2394   

私は43歳の未婚の男です。30歳の時、交通事故で車椅子生活になってしまいました。膝から下が動きません。通勤、仕事は電動車椅子で移動してます。こんな体だから付き合ってくれる女性もなく、ましてやセックスしたくても風俗に行ける訳もないですし。

3ヶ月前から、妹の由香里と同居になりました。35歳バツイチ、子供なし。看護婦。兄の目から見ても美人と思います。若い頃の女優の名取裕子さんにそっくり。


  ただ、体型はちょっとぽっちゃりですが、デブというわけではなく肉付きの良い体型です。

1年前に離婚して実家に帰っていたのですが、別の病院に再就職しました。私の住んでる家からの方が通勤が楽ということで同居をすることになったのです。しかし、さすがに1Kで兄妹の同居は無理ということで、3ヶ月前に近くの3LDK賃貸マンションに引っ越したのです。

 

同居してしばらくは何事もなく普通に兄妹でした。1ヶ月半前の事件が起きました。私もまだまだ精力はあるので、我慢できなくなると、オナホールで抜いてました。妹が外出中や仕事に行ってる間に済ませてたんですけど・・・。

その日はどうにも我慢できなくて、こっそり自分の部屋でスウェットとパンツをずり下げて、オナホールに挿入して、AV見ながら(音はミュートして)、チンポを扱いてました。と、ドアをノックして由香里が入ってきました。

「お兄さん、あのね・・・あ!!」・・・バタン!とドアが閉められ、妹は出てってしまいました。やばいとこ見られた!と焦りましたが、ドアの向こうから「お兄さん・・・ごめんなさい。気にしないでいいからね・・・判ってるから」「いや・・・これは・・・ただ・・・」。もうドギマギしながら弁解しようにも言葉が出なくて。


  その日は何事もなく、多少気まずい感じはありましたが由香里は普通に接してきてくれた。それから4日経った夜のことでした。深夜、寝ていた時です。肩をトントンと軽く叩かれて目が覚めた。ベッドの横に由香里がいました。


「由香里、ん? なんだ? なんか用か?」と聞くと、由香里は黙って、私のベッドに潜り込んできました。(なんだ? なんだ? 何があった?) この時は想定外の妹の行動にびっくりして何も言葉が出なくて。

由香里が私を抱き締めてきました。「お兄さん・・・可哀想。お兄さんの気持ち判ってるからね。辛いよね? 苦しいよね? 我慢しなくていいからね。だから、私に任せてね?」「あのなあ・・・俺たち兄妹なんだぞ?」

 

「だから? 私だって看護婦よ? 男性患者の我慢できない姿なんて、何度も見てるしぃ・・・お兄さん辛いんでしょ? 女の人肌が恋しいんでしょ?」「だからって・・由香里・・あのなあ、まずいって!」「いいから。私がこっそり相手してあげる。この間のお兄さんの姿見て泣けちゃったわ。可哀想すぎる・・・。本当なら結婚してお嫁さんと・・・なのにね」 そう言うと私の上に乗ってきました。

由香里は俺のパジャマも脱がしてくれて、由香里もショーツだけの姿で。由香里が私のパンツを脱がせて、硬く大きくなったチンポを握ってきました。「お兄さんの・・・立派だわ。ほんとに。お兄さん、どのくらいエッチしてないんだっけ?」

「え? うーーーー10年以上かな。足がこうなる前はエッチしたが」「そう・・・そっか。いいよ。今日は10年分出しちゃってね。沢山私に甘えていいからね。女の体をたっぷり味わっていいからね」

 

そう言うと由香里は私の上に被さって、キスしてきました。ショーツをゆっくりずり下げて、オマンコが出てきました。さすがに子どもの頃一緒に風呂入った時とは違う。すっかり大人になってました。毛は綺麗に手入れしていました。


由香里がチンポを握ると、オマンコに当てて。「お兄さん・・・入れるね。大きいから全部入らないかもね」 そう言うと腰を落としてきました。「大きい・・・太い・・・お兄さんの」「はあ・・・凄い・・・奥まで届いてる・・・あ! 当たる!」

由香里が腰を動かし始めました。「お兄さん・・・下から突いて・・・沢山・・・」 そのままお互いに腰を振りまくって。「由香里・・・だめだ・・・すまん!」 子宮にピッタリ亀頭が当たって、大量に射精しました。「ああ!・・・凄い!・・・出てるぅ」 強烈にチンポが脈打って、何度も精液を送り出してました。

 

その日は、そのまま後2回、由香里の中に放出しました。由香里も私も満足感と充足感でいっぱいで、しばらく抱き締めあったままでした。

それからは週に2、3回ですが由香里に助けてもらってます。私は妹に頭が上がらないというか、感謝の言葉も出ないくらいです。由香里の献身的なセックスのお蔭で、精神的にも救われてます。 

 

  

中3で大1の姉貴に保健の実技を教わった

http://www.erotown.com/toupara/bbs/b04_7/index.cgi?mode=thr&no=2406#res

1. 姉貴と初体験  投稿者:愚弟 投稿日:2017/02/04(Sat) 11:14 No.2406   

俺は宙1まで平気で姉貴と一緒にお風呂に入っていた。姉貴は4つ上女子高生(2年)だった。その頃から、姉貴はおっぱいがでっかくなってきて、あそこには毛が生えていた。もちろん俺には生えていなくて、皮も剥けてなかった。でも勃起はしてた。ちょっと性に目覚めてきた頃だった。

しかし俺が宙2になった頃、毛が生え始め、当然剥けてきた。恥ずかしくなったのと、姉貴が受験勉強とかで、自然と一緒に入らなくなった。ところが、俺が宙3で逆に受験勉強が始まった時、大学1年の姉貴英語だけ家庭教師をしてくれる事となったのだが、保健体育の実技まで教えてくれる事となるとは・・・。

笑ってしまうのが、我が家には冷房がなくて、夏休み、姉貴に勉強を教わっている時、なんと姉貴はタンクトップでノーブラ、しかもホットパンツ、俺もタンクトップでホットパンツだった。

 

その日は特に暑かった。姉貴のおっぱいが気になってしょうがなかった。後で聞くとFカップあったらしい。勉強に全然身に入らなかった。そこで姉貴から、「水風呂に入ろう」と提案された。当然別々に入るもんだと思っていたら・・・。

「久しぶりに一緒に入るか?」「えー」「いいじゃん、暑いし、どう?」 黙っている俺の手を引っ張って脱衣所に連れて行かれ、姉貴はすぐに何の躊躇いもなくすっぽんぽんになった。もじもじしている俺に姉貴は、「さあ、早く脱ぎなよ」と。実は姉貴の裸を見て、すでに勃起。

「恥ずかしい」「あたし、もう裸だよ。先に入っているから、さあさあ」 もういいやと思って俺も脱いでお風呂場に入ると、なんと湯船に水が張ってない。「水、これから入れるから」 両手でフル勃起したあそこを隠していると・・・。

 

「なに隠してるん。こっちはほら、隠してないし」 大きなおっぱいと白い肌、あそこには黒々した毛が生えていました。手を外すと姉貴は、「お、しっかり勃起して、結構大きいな。彼氏より大きいかも。洗ってあげるね」と微笑んだ。

洗ってもらうと気持ちよくて、あっという間に発射しちゃいました。溜まっていたので、姉貴のおっぱいに掛かってしまった。「いっぱい出たね」 水で洗ってもらって、冷たかったけど興奮していたので、俺もつい姉貴のおっぱいを洗ってあげた。

そうしているうちに、水が溜まってきた。「入ろう」「うん」「冷たいね。でも気持ちいい。くっついていいよ」 俺は大胆になって、「キスしてもいい?」言うと、「どうしようかな?」といたずらっぽく言うので、かまわず唇を求めて抱きついた。

 

キスしていると姉貴も乗ってきて、ベロを絡めたり、唾液を交換したり。ますます大胆になった俺は左手でおっぱいを、右手でオマンコを触った。なんとなくヌルッとしてきたかと思うと、姉貴が喘ぎ始めた。姉貴に「立ってごらん」と言われ、立ち上がると姉貴は勃起している息子をフェラチオしてくれた。

「出そう」「出していいよ」 2度目の射精。「こんなに出たよ」と言って、手のひらに出して見せた。「マコトも舐めて」と言って、湯船の縁に足を広げて見せた。俺は初めて見るあそこに感動しながら、本能のままに舐めた。すると姉貴は声を出して感じている。

姉貴が、「もう我慢できない」と言って、俺をお風呂場の床に寝かすと、69の体勢になった。勃起を確認した姉貴が湯船に手をかけて、後ろから入れるように言われて、バックから初体験した。

 

「イキそうになったら抜くのよ。腰を動かして」 言われるまま激しく腰を動かすと、姉貴はますます感じている。俺は2回出しているので何とか持ち堪えると・・・。「あんた初めてか? 舐めるのもエッチも、なかなかすごいわ」 そう言って、ガクガクとして姉貴が先にイッてしまった。

お互いに満足してお風呂場から上がったが、姉貴は服を着ようとしない。「暑いし、この方が気持ちいいよ。マコトも服着ないで」 お互いにすっぽんぽんのまま、再度勉強かと思いきや、「保健体育の実技やね。マコトは3回目、イッてないよね」と言われ、布団を敷いてそのまま続きをすることとなった。

姉貴が寝転ぶと、今度は正常位で入れるように言われたので、すでに勃起しているチンポを姉貴に突き立てた。激しく動かしてイキそうになると、抜いて姉貴の腹に薄くなった精液を出した。

 

「あんた上手だね。彼氏より上手いかも、しかももう3回目だよ。彼氏なんか2回もできないよ」「何度でもできるよ。ほら」「さっきみたいに後ろからして」 もうやり方をすっかり覚えた俺は後ろからチンポを突き立てながら、大きなおっぱいを揉みしだいた。

激しく動かして4回目は姉貴の背中に出した。その日は2人ともすっぽんぽんのまま、両親が帰って来る夕方まで過ごして、何度も何度もハめ合った。 

0 件のコメント: