人気の投稿

2018年4月29日日曜日

万引きがみつかって、おじさんの口にオシッコさせられました(★性的虐待体験★)


★性的虐待体験★

 

 

万引きがみつかって、おじさんの口にオシッコさせられました

http://nan-net.com/rape/bbs/k/msg/4/Aa-5PTD/

1:本屋で万引き見つかって  

投稿者:[加奈]   05/12/18 14:06 

私が、小3の時。当時月刊誌でリボンとかなかよしなんて雑誌があって、私は本より付録が欲しくて、万引きしてしまいました。3回ほど盗んだ時に本屋のおじさんに見つかり、事務所に連れ行かれて、住所や電話番号を聞かれ「親を呼ぶ」と言われ、一生懸命謝りました。事務所は店の奥に6畳ほどの部屋で、机とコタツなどテレビもありました。

おじさんは「言うことを聞けば許す」と言ったので、おじさんの言うことに従い、座布団2枚を敷いた上に寝るように言われ、仰向けで寝ました。おじさんは私に目を閉じる様に言ったので目を閉じてると、スカートがお腹まで捲くられ、パンツの上からアソコを触って来ました。薄目をして見てると、パンツに顔を近づけてアソコの臭いを嗅いで「いい臭いだヨ」

次にパンツの中に手が入ってきてアソコを触られ、おじさんはアソコを触った指を鼻に近づけて臭いを嗅ぐと、次に口に入れて味わって「美味しい」なんてつぶやいて。パンツのゴムの部分に両手をかけると、一気に脱がされ下半身は靴下だけの格好にされました。


おじさんはアソコを触ったり、左右に開いて悪戯をしてアソコにキスをしてきて、舌先がアソコの中に入って来ると舌先が動いて、変な感じになった時にオシッコがしたくて、おじさんに言うと、おじさんが仰向けに寝ると、私を口の上にしゃがませ「ここでオシッコしなさい・・」 私は言われるままにおじさの顔のうえにしゃがむと、おじさんの口がアソコを包み舌先がオシッコの出口をくすぐると、我慢出来ずにおじのさんの口にオシッコをしました。

おじさんは咽をゴクゴクさせてオシッコを飲んでました。私のオシッコが終わると、私に向きを変えさせアソコと肛門を舐めながら、ズボンとパンツを脱ぐと、太くて先が濡れてるチンチンに私の手を持って握らされて、「上下に動かせ」と言われたので、言われる通りにしました。
おじさんが強く私のアソコに吸い付き、舌先がアソコの中に入った時、おじさんのチンチンから白いのが飛び出し、ヌルヌルが私の手に沢山付くと「気持ち良かったヨ。これから毎日来れば本の付録は沢山やるよ」と言うのです。学校が終わるとほとんど毎日行きました。私が6年になるまで続きました。続きは又書き込みます。


 

オシッコがテレビ画面に映し出され、自分のオシッコの出る所を見ました

http://nan-net.com/rape/bbs/k/msg/4/Af-5Thw/

1:本屋さんの続き  

投稿者:[加奈]   06/01/07 18:17 

私は学校が終わると通学路沿いの本屋さんに通いました。おじさんは私が店に入ると、入り口に臨時休業の札を下げて、入り口のガラス戸にカーテンをして鍵を掛けて、私を奥の事務室に入れるのです。おじさんは私を膝の上に乗せると、必ずスカートの上から触りながら、「今日は何回オシッコしたの?」とか聞いてきます。「3回ダヨ」と言うと「綺麗にしようネ」って言いながら、私を座布団に仰向けに寝かせると、スカートを捲くりパンツを脱がせます。私もお尻を座布団から浮かせて協力しました。

おじさんの鼻息がオシッコの出る所に近づくと、舌先がアソコ全体に動くと次は、舌先が割れた中に入ってきて動くと変な感じになって、オシッコがしたくなりました。私が「おじさんオシッコしたい」と言うと、おじさんが仰向けに寝ます。私はおじさんの顔の上にしゃがむと、おじさんの口がオシッコの出る所を口で覆い、舌先が尿道の先端をくすぐります。私は我慢出来ずにおじさんの口の中にオシッコをします。

オシッコが終わると、おじさんの舌先が動き変な感じなって力が抜けて行きます。おじさんは私を寝かせると又舐めてきました。3回目くらいからおじさんが「加奈ちゃんのオシッコ出る所からヌルヌルが出たヨ」 私の手を導いて触らせました。私も初めて触るヌルヌルに驚きました。ヌルヌルが出るとアソコが熱くなって、そしてジーンとした感じで気持ち良くなりました。


おじさんはズボンとパンツを脱ぐと「加奈ちゃん、おじさんのも舐めてくれる?」 太くて硬くなったチンチンを顔の前に持ってきました。私は目を閉じて口でチンチンの先端を包みました。おじさんは私の頭を両手で押さえると、チンチンを口の中で動かしました。次におじさんが「加奈ちゃん69しよう」と言いました。

私はどんな意味か解らず、「なに?」と言うとお互いのアソコを舐め合う事だと聞きました。おじさんが寝て私がおじさんの上に乗って、おじさんは私のアソコをペロペロ、私もおじさんに教えられた通りにおじさんのチンチンを口に入れて、頭を何度も上下に動かしました。おじさんのお尻が浮くとチンチンが口の奥に入った時、何か温かい液体が口の中に広がりました。

私もおじさんの舌の動きで気持ち良くなっていたので、飲んでしまいました。おじさんは「加奈ちゃんは上手だね」 私は口の中がヌルヌルなのでうがいをして、30分ほどするとおじさんのチンチンが又硬くなって大きくなりました。おじさんは私を寝かせるとチンチンをアソコに当てて割れ目に沿って、チンチンの先端を擦りってきました。


「おじさん痛い」と言うと、又おじさんの舌先で気持ち良くされてボーっとしてると、「加奈ちゃんの此処は未だ子供だから、入れるのは無理だから」と言いながら、割れ目を開き穴の入り口にチンチンの先端を押し付けると、なにやらおじさん自身でチンチンを触って、小さな穴の入り口にヌルヌルな白いのを出しました。

おじさんはアソコを蒸しタオルで拭くと、パンツを穿かせてくれました。その日は雑誌のリボンの出る日で付録など沢山くれました。おじさんが「毎日来ると近所の目が有るから、定休日の水曜日に来るよう」に言われ、水曜日裏のドアから入って遊びました。

   1ヵ月が経過した頃でした。その頃は未だ珍しいビデオカメラとビデオデッキが事務所の中に有りました。おじさんはビデオカメラで私を映しテレビで見せてくれました。おじさんは私に服を脱ぐ様に言ったので、私はカメラに向かって裸になると、座布団に寝る様に言われ仰向けに寝ました。


私のアソコがテレビ画面に大きく写しだされ、「加奈ちゃん、自分のアソコ見たことある?」と聞かれたので、「無い」と答えると、おじさんが私のアソコを指で開いて性器の仕組みなど説明してくれました。当時は学校では性教育が無かった時代でした。割れ目の上部の突起がクリトリスの包皮で、下の小さなビラビラが小陰唇とか、小さな穴が膣とか割れ目の外側が大陰唇など色々と教えてくれました。


その日は初めての体験もしました。おじさんがピンク色した、玉子を小さくした感じの電線の付いた物でした。おじさんがスイッチを入れるとブルブルと振動しました。「加奈ちゃん、これをアソコに当てると、沢山気持ち良くなるよ」と言われ、おじさんがブルブル振動するのをアソコに当ててきました。

おじさんはお尻の下にバスタオルを敷きました。何で敷くのか解らないままアソコを刺激されました。何時もと違った感じで、アソコが熱くなって濡れてくるのが自分でも判りました。ヌルヌルをブルブル振動するのに付けては、敏感な所を刺激されました。おじさんの手がクリトリスの包皮を剥いて、ブルブルを押し付けました。下半身の力は抜けてました。

その時「おじさん、オシッコ」って言うと同時に、オシッコがおじさんの手に掛かりました。オシッコの出る場面がテレビ画面に映し出され、自分のオシッコの出る所を見ました。おじさんはニコニコしながらバスタオル取替え、タオルでアソコを拭くと、「ヌルヌルがオシッコで流れたネ」 そんな事を言いながら振動を強くして、敏感な部分に当てて来ました。


私には初めて知る快感に頭の中がボーっとして、下半身のアソコは熱くなって、私の意志と関係なく下半身が浮き、ブルブルの振動を追い続けてました。おじさんが軟らかな小指ほどの太さの振動するのを、膣の中に浅く入れて動かしました。そうされると膣も初めて気持ちが良いのを知りました。クリトリスと膣と同時に刺激されて、始めて気絶寸前まで逝くと、おじさんが「加奈ちゃん、逝ったみたいダネ。女の子はみんなこうして気持ち良くなるんだヨ」 

私は宙に浮いてる感じの中で「ウン」と言って泣いてしまいました。数分後おじさんの舌先がアソコを舐めて、ブルブルしたピンクの物が膣内に入れられ、振動が強くなりました。おじさんのチンチンが私の口元に近づくと、私は何のタメライもなくチンチンを口に入れて、右手でチンチンを握り上下に動かしてると、「加奈ちゃん、上手になったネ。おじさん気持ちがイイよ」 

私は夢中でチンチンを舐めてると、チンチンが咽の奥にに入って来て、ヌルヌルが咽を通り飲まされました。私はそのまま気絶した感じで、気が付くと脱いだ衣服が着せられて寝かされてました。私はおじさんが好きになっていました。次回は同級生とレズをさせられた事を書きます。その子も万引きの女の子でした。その子とは今でも友達と言うかレズ友かもしれません。女の子同士だと妊娠しないから安心です。また書きますネ。

 

万引きした知美ちゃんにも、細長いブルブルを入れました

http://nan-net.com/rape/bbs/k/msg/4/Ag-5SEu/

1:本屋さんの続き  

投稿者:[加奈]    06/02/04 11:51 

4年生になって5月頃のある日のことです。その日は火曜日で学校が半日で終わり、給食を済ませての帰り道、本屋さんの前を通ると臨時休業の札が出ていていたので、不思議に思い裏口に行ってドアを開けると、事務所の中から話声が聞こえました。何やら説教をしてる感じに聞こえ、聞いてると万引きして叱られてる様子でした。

叱られてるのは女の子みたいで、何度も謝っていました。少しするとおじさんの声で、「身体検査をするので服を脱ぎなさい」と命令する声が聞こえ、女の子と泣いて謝ってましたが、泣き声も止まり静かになって、私はくしゃみをしてしまいました。

事務所のドアが開き、おじさんに見つかって事務所に入れられました。そこには同じクラスの知美ちゃんがスカートを脱がされブラウスとパンツの姿で立っていました、おじさんに聞くと「万引きしたので身体検査をしてる」と言ったけど、(私と同じだな)と思い見てると、「両親や学校の先生に言われたくなかったら、パンツを脱ぎなさい」と知美ちゃんに言うと、知美ちゃんは渋々パンツを膝下まで降ろしました。


おじさんが知美ちゃんを引き寄せパンツを両足から抜き取り、コタツ台に座布団を置くと、知美ちゃんを寝かせ両足をM字開脚にして大きく開きました。テレビにはビデオカメラで写された映像が映しだされて、私の時と同じだと思って見てると、おじさんは指で知美ちゃんのアソコを触り始め、指で開いて敏感な部分を触ると顔を近づけアソコを舐め終わると、私に「裸になれ」と言いました。

私は知美ちゃんの前では恥ずかしい気持ちで全裸になると、知美ちゃんも上に着ていたブラウスと下着を脱がされ全裸にされていました。おじさんはコタツを片付けると押入れを開けて布団を敷き、白いシーツを敷くと、私と知美ちゃんを寝かせ同時にアソコを触ってきて交互に舐められ、テレビには2人がされてる事が映しだされていて、知美ちゃんは恥ずかしいのか両手で顔を覆って泣いてました。 
  おじさんが白い箱を机の中から出してふたを開けて、ピンク色の電線の付いたブルブルを2個と、細長いブルブルも2個取り出して、玉子を小さくした感じのをスイッチを入れて振動させると、私と知美ちゃんのクリトリスに押し当ててきました。私は経験が有ったので直ぐ気持ち良くなってお尻を浮かせると、「加奈ちゃん、今日は濡れるのが早いネ。これも入れようネ」


私の膣に細長いブルブルが入ってきました。おじさんはブルブルを動かし、私は気持ちが良くなって行くのが、自分でも分かりました。私がぐったりすると「知美ちゃん、気持ち良くなった?」 知美ちゃんが小さくうなづくのが判りました。おじさんは知美ちゃんの膣にも細長いブルブルを入れると、知美ちゃんが「おじさん、痛い、止めて」 

おじさんは入れるを止めると、全裸になりました。私達を立たせると、おじさんが寝て私からおじさんの顔の上にしゃがみ、舐められオシッコを飲まれました。次に知美ちゃんの番になり、嫌がりましたが、結局私と同じにしゃがみオシッコを飲まれました。

おじさんは未だ白いのを出していないので、私達に口で舐めように言ったので、経験の有る私から舐めると、最初は嫌がってた知美ちゃんも真似して舐め始め、2人で一緒に舐めてると、2人の口に白いネバネバした精液が出されました。


知美ちゃんは驚いてタオルで精子を拭くと、「加奈ちゃん、白いこれって、何なの?」「知美ちゃん、男の人が出す精子って言うんだョ」 おじさんは、満足したのかこの日は早く帰されました。帰り際に「明日の定休日は2人で来なさい」と言われたので、学校が終わると4時ころ嫌がる知美ちゃんを誘い、本屋さんに行きました。

  続きは次のページです。

 

2人とも處女を奪われました

http://nan-net.com/rape/bbs/k/msg/4/Ag-5SEv/

1:本屋さんの続き  

投稿者:[加奈]   06/02/04 14:06 

学校が終わり4時ころ本屋さんの裏から入り、事務所のドアを開けると、コタツのテーブルにケーキとジュースの入ったコップが用意されてて、知美ちゃんと私は美味しく食べ終わると、おじさんがコタツを片付け布団を敷き、白いシーツを敷き、シーツの上に白いバスタオルが敷かれました。

昨日とは違った感じで見てると、何故かバスタオルの上に枕が2個置かれ、その上にも白いバスタオルが掛けられると、おじさんは知美ちゃんを引き寄せ全裸にて私も全裸にされて、枕にお尻を乗せて寝かされると、おじさんが同時に触ってきて、クリトリスを親指で刺激して来ました。私は直ぐに感じてヌルヌルが出てしまい、知美ちゃんも少ししてヌルヌルが出たらしく、おじさんが交互に舐めだしました。

知美ちゃんの息遣いが次第に荒くなると「おじさん、オシッコ出ちゃう」「飲んであげるから、しなさい」 おじさんが知美ちゃんのオシッコを飲んでる様子が、テレビに映っているのを私は見てました。おじさんは飲み終わると私に舐めてきて「オシッコをしなさい」と言うので、私もおじさんの口にオシッコをしました


オシッコの後・・昨日と同じで白い箱から2組のブルブルを出すと、スイッチを入れてクリトリスに押し当て、ヌルヌルが沢山出たころ細長棒のブルブルを入れられ、玉子型の小さなブルブルは2人に持たされ、自分で押しける様に言うので、自分で気持ちの良い所を探して押し当てると、隣の知美ちゃんが「アンアン、ウッウー」と言って口からよだれを垂らして動かなくなりました。

私も自然に声が出て呼吸も荒くなってきた頃、おじさんが全裸になると、知美ちゃんのアソコにチンチンの先を押し当て数回アソコに沿って動かし、割れ目を開くと膣口に押し付け、ゆっくり太くて硬くなったチンチンを入れていきました。テレビに映し出されるのを見てると、小さな膣口が押し開かれチンチンが半分くらい入ると、知美ちゃんが「イッ痛いヨー おじさん止めて」 

知美ちゃんが両手でおじさんを跳ね除けようとするけど、おじさんは知美ちゃんの両肩を両手で押さえているので駄目です。チンチンが根元まで入り、下半身が密着した時と同時に、おじさんは知美ちゃんの口を自分の口で覆いました。知美ちゃんの叫ぶ声が聞こえると知美ちゃんは気絶しました。


おじさんの腰は前後に動き、知美ちゃんのアソコから血が噴き出し、おじさんが「ウッウッウー 処女は何度やっも最高だ」 おじさんの動きが止まり、余韻を楽しんでました。少し経ってチンチンが抜かれると、知美ちゃんのアソコにポッカリ穴が開いて、鮮血と一緒に精液が沢山押し出され、肛門を濡らし、白いバスタオルを赤く染めました。


おじさんはティッシュで知美ちゃんのアソコを拭き、アソコに折ったティッシュ当てると、両足を閉じてタオルケットを知美ちゃんにかけました。血と精液で汚れたチンチンをタオルで拭き、タバコに火を点けタバコを美味しそうに吸って「加奈ちゃん、次は加奈ちゃんダヨ。最初は誰でも痛いんだョ。加奈ちゃんのお母さんだって最初は痛くて出血もして、 2、3回すればもっと気持ち良くなるからネ」

私は逃げたい気持ちでしたが、おじさんが再びアソコにブルブルを押し付け、膣に入れられると、全身の力が抜けて宙に浮いた感じで、頭が真っ白になった頃、おじさんが私の両足の間に入ってきて、アソコを開かれ、チンチンの先端を押し付けられました。割れ目に沿って動かされると、私のヌルヌルとおじさんのヌルヌルが混ざって、クチュクチュの音が聞こえてきました。


おじさんがゆっくり入れて来ました。おじさんの入れる動作がテレビに映し出され、小さな膣口がヌルヌルで押し開かれ、入って来て、浅く腰を動かされると気持ちも良くなり、おじさんの両腕にしがみつきました。おじさんの唇が重なり私の口を覆うと、おじさんはチンチンを膣口まで戻すとゆっくと入れて、半分入れると一気に突き上げ、その時下半身が裂ける感じで、メリメリと言った感じで子宮を突かれるのが判りました。
  私は声も出せずもがきましたが、おじさんの腰の動きは次第に早くなり、痛くて涙が出て、少しするとおじさんが強く突き上げる様にした時、子宮に温かいものを感じると、おじさんの動きが止まり、おじさんと私の身体が密着したまま数分経つと、おじさんが私から離れチンチンが抜かれました。

知美ちゃんと同じに鮮血に混ざった精液が膣外に押し出され、白いバスタオルを汚すと、おじさんがティッシュで拭いてくれて、おじさんもティッシュでチンチンを拭くと、私にもタオルケット掛けてくれると、私は眠ってしまいました。


おじさんと知美ちゃんの会話で目を覚ますと、知美ちゃんがおじさんに言われて、私のアソコにブルブルを押しつけて気持ち良くなると、私にもブルブルを持たせ知美ちゃんのアソコを刺激させられ、2人で感じてしまいました。

おじさんは私達を見ながら自分でチンチンを扱き、白いのをティッシュに出しました。私達はシャワーを浴びて、アソコを綺麗に洗い、パンツを穿く時ティッシュを折ってアソコに当たるようにして、2人に口止めをすると、雑誌の付録や文房具を沢山もらい帰りました。

帰宅してトイレに行ってティッシュを見ると少し出血したらしく赤くなっていたので、トイレに流しオシッコをすると、何か又に挟まってる感じがして、2、3日は歩くとアソコが痛かったです。知美ちゃんとのレズ行為は次回に書込みます。

 

知美ちゃんはおじさんを跨ぎチンチンが中に入り、私はおじさんの口にアソコを押し付け

http://nan-net.com/rape/bbs/k/msg/4/Ag-5SFN/

1:本屋さんの続き  

投稿者:[加奈]   06/02/19 14:13 

久しぶりに、知美ちゃんを誘って本屋さんに行きました。水曜日です。何時もの様に裏から入るとおじさんが、ニコニコして迎えてくれて、早々にお菓子とジュースが出たので、おじさんと3人で学校の事等を話ししました。ジュースを飲み終わると、おじさんが押入れを開け布団と白いシーツを敷き、知美ちゃんと私は服を脱いでパンツ1枚の姿になって、2人で布団に寝ました。

おじさんが2人のアソコを同時にパンツの上から触ると、知美ちゃんからパンツを脱がされ全裸にされると、アソコを開かれ舐められると段々と変な気持ちになった頃に、ブルブルを2個出すと、2人のアソコに押し付けて刺激されると「加奈ちゃん、知美ちゃん、沢山出てるよヌルヌル」 おじさんはまた舐めると、次に細長いブルブルを入れてきました。

知美ちゃんが変な声を出すとお尻を浮かせてます。テレビには行為の一部始終が映っているからです。私も自然に口から声が漏れると、おじさんは2人のアソコからブルブルを抜くと、私達を立たせて、おじさんは全裸になると布団に仰向けで寝て、私を顔の上に跨がせ、知美ちゃんは下半身を跨ぐと・・


知美ちゃんはチンチンの上にしゃがみ腰をゆっくり下げると、おじさんのチンチンが知美ちゃんの中に入り、私はおじさんの口にアソコを押し付けると舐められました。知美ちゃんは、チンチンが半分入った時に痛そうな顔をしたけど、チンチンが全部入るとおじさんの指示で上下に動くと、知美ちゃんと交代で私の中にチンチンが入りました。

私達は気持ち良くなって、自然に知美ちゃんとおじさんの上で抱き合いキスしてしまい、未だ感じない胸もお互い触り合ってると、私のお腹の中が温かくなると、おじさんがお尻を浮かせて突き上げると、ブチュックチュッ音が聞こえ、液体が吹き出てきました。

おじさんは、私達を布団に寝かせてアソコをティッシュで拭くと、自分も拭いて、私の下半身を知美ちゃんの頭付近に置くと、私のアソコを舐めながら知美チャンの中にチンチンを入れて、暫く下半身を動かし、2人は気を失ってました。知美ちゃんが気が付くと、私を起こしました。その時おじさんの姿は無く、2人で布団の上で全裸なので、パンツを穿こうとすると「加奈ちゃん、おじさんがいないから少しエッチしよ」 


私たちは抱き合って意味も知らないまま、キスをしながらアソコを触りあい、ブルブルをアソコに当てながら気持ち良くなって、時計を見ると夕方の6時なのでアソコをティッシュで拭くとパンツを穿き、衣服を整えると急いで帰りました。
  その後は本屋さんに知美ちゃんが1人で行っても、私が1人で行ってもセックスされました。2人で行くと最初は交互におじさんに入れられ、2人の中でおじさんはヌルヌルを出すと、私達にレズ行為をさせ、おじさんは自分でチンチンを握り白いのをティッシュに出してました。次回は知美ちゃんの家でのエッチ遊びです。

0 件のコメント: